これが最後のTV出演!? 加護亜依が『それゆけ!ゲームパンサー!』で汚れ仕事「ストローを口で134本も……」

日刊サイゾー / 2014年11月7日 20時30分

写真

 夫の加護陽彦が出資法違反(高金利)容疑で逮捕された元・モーニング娘。の加護亜依。彼女が率いる3人組アイドルグループ・Girls Beat!!が、6日深夜放送のバラエティ番組『それゆけ!ゲームパンサー!』(日本テレビ系)に出演した。

 Girls Beat!!は、7月にシングル「世界征服」(威風飄々)でデビュー。9月には2ndシングル「まだ、やれる」(同)をリリースし、ライブを中心にPR活動を行っていた。

 今回の番組で3人は、セクシーな“腹出し”衣装で登場。加護は冒頭、「振られたモノマネは、なんでもできる」と豪語し、ビートたけし、ジョニー・デップ、猿のモノマネを披露した。

 また、お笑いトリオ・パンサーと「ゴムパッチン対決」など3つのゲームで対決。「ストロー何本くわえられるか対決」では、加護が134本ものストローをくわえたが、「顎が痛い」と苦しむパンサー・菅良太郎を尻目に余裕の表情。

 最後の「シークヮーサージュース何杯飲めるか対決」では、パンサーの尾形貴弘が、あまりの酸っぱさに2杯しか飲めなかったのに対し、加護は悶絶しながらも8杯を飲み干し、勝利した。

 番組では、「この収録は10月23日に行ったものです」とのテロップを表示。夫に逮捕状が出された前日に、収録が行われたようだ。

 加護はこの日のブログで、「今日の収録はあいぼん体張りました!!おかげで胃が痛いし口も痛いw(何故かはオンエアーでw)」と綴っている。しかし、このわずか5日後、夫の逮捕を受けて謝罪し、「これから活動を続けたとしてもどんな意見があるかもわかりませんし、今後の生活の事も考えないといけません。引退も選択肢の1つとして含め考えております」と、芸能界引退を示唆した。

「番組では、冒頭からパンサーが『マネジャーですか?』『無理だろ、こんなポチャッとしたの』とメンバーを罵るなど、女芸人のような軽い扱いを受けていた。また、『ストロー何本くわえられるか対決』は、大手事務所のアイドルなら間違いなくストップがかかるような、卑猥なゲームだったが、加護は一心不乱にくわえ込んでいた。加護はハロプロ時代、事務所に作られたイメージもあり、ここまでの“汚れ仕事”はやってこなかった。しかし、今回の扱いを見る限り、Girls Beat!!が汚れ仕事もこなすアイドルであることがうかがえる。加護も適正があるようですし、この路線で突っ走れば一発逆転の可能性もあるかもしれません。まあ、夫と暴力団とのつながりが明るみになった今、芸能界から追放されたも同然ですが……」(芸能ライター)

 グループの存続については、いまだ答えの出ないGirls Beat!!。これが、最後のテレビ出演となってしまうのだろうか?

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング