テレビ東京『ウイニング競馬』の植田萌子アナが寿退社へ「ビッチさがバレず、ホッとしているかも?」

日刊サイゾー / 2014年11月11日 11時0分

写真

 テレビ東京の植田萌子アナウンサーが、来春にも寿退社することがわかった。海外勤務する一般男性との結婚が理由のようだが、同局関係者の間では「ビッチさがバレずに、本人はホッとしているかも……」という声が上がっている。

 2011年に同局に入社した植田アナは現在、土曜日に放送されている『ウイニング競馬』ほか、『なないろ日和!』『ネオスポーツ the documentary!』などを担当。退社に伴い、『ウイニング競馬』は後輩で2年目の鷲見玲奈アナウンサーにバトンタッチ。そのほかの番組も順次、年内に卒業。有休消化などを経て、3月末で退社する模様だ。

 これまで、植田アナといえば、いつも強力なライバルの陰に隠れていた。

「同期入社は、紺野あさ美アナです。元モーニング娘。の人気メンバーが女子アナに転身ということで大きな話題になり、注目されるのはいつも紺野ばかり。一時は本人も腐りかけていましたが、その間に彼女を支えていたのが、今回結婚を決めた男性のようです」(同局関係者)

 その一方で、こんな話も浮上している。

「彼女は大学時代から派手な交際が多かったようで、それは局アナになってからも変わらなかった。多くの男性と親密な関係になっている、というウワサも絶えなかった。むしろ、紺野アナを隠れみのに、プライベートは充実させていた感じ。画面上の印象とはかけ離れたビッチな一面が最後までお茶の間にはバレずに済み、本人は正直、ホッとしていると思いますよ」(芸能関係者)

 26歳でキー局の女子アナの仕事をポイと捨てるあたり、肝の据わった女性であることは間違いないようだ。

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング