不倫略奪愛スクープ潰された!? 堂々交際宣言のダルビッシュ有に「女性セブン」が大激怒!

日刊サイゾー / 2014年11月21日 9時0分

写真

 大リーグ・レンジャーズのダルビッシュ有が18日、自身のTwitterで女子レスリングの元世界王者・山本聖子と真剣交際していることを明らかにした。

 ダルはTwitterで「先々週の日曜日に撮影した写真です」と、山本とのツーショットを掲載し「2人で相談し、オープンに付き合って行くことにしました」と交際宣言。「皆様宜しくお願いします」と理解を求めた。

 ダルは2007年にタレントの紗栄子と結婚して2児をもうけたが、12年1月に離婚。一方の山本も06年にハンドボール日本代表の永島英明氏と結婚し、男児をもうけたが、今年9月に離婚している。

 バツイチ同士ウマが合ったのかもしれないが、山本の離婚後間もなくの交際宣言には、一部で批判も噴出している。

 ダルのTwitterには一般ユーザーから「お付き合いするのが早すぎませんか?」と質問が寄せられ、ダルは「期間は関係ありますか?子供とも仲良いですし世間は関係ないです。価値観の押し付けは良くないと思います」と反発。だが、業界関係者の間では「時系列的にも、ダルが永島さんから彼女を奪った“不倫略奪愛”であることは明白」という声が圧倒的だ。

 20日発売の「女性セブン」(小学館)では、2人のなれそめが詳細に報じられている。

「ダルが突然Twitterで交際宣言したのも、女性セブンの記者から問い合わせが来たため。ダルはマスコミ嫌いで有名で、週刊誌に報じられるくらいなら……と自ら公表した。しかも、女性セブンの直撃から15分後にはTwitterにツーショット写真をアップ。スクープを潰された女性セブンは『なんて姑息な男なんだ!』とカンカンです。堂々の交際宣言を男らしいと思ったら大間違いですよ」(週刊誌デスク)

 再婚まっしぐらの2人だが、一部では離婚した永島氏があまりにも早い交際報道に「不信感を募らせている」(同)との情報もあり、恋の行方は波乱含みだ。

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング