ネットでの偽装やねつ造は絶対にバレる! 「小4なりすましサイト」騒動に見る、最新ステマ事情

日刊サイゾー / 2014年11月26日 21時30分

写真

 小学4年生になりすまし、安倍晋三首相の衆院解散をちゃかした件が話題を集めている。「どうして解散するんですか?」というサイトを立ち上げ、速攻でバレて炎上してしまったのだ。事の是非はさておき、身元バレと炎上の経緯をチェックしてみよう。

 11月20日、ウェブサイトが公開、同時にTwitterアカウントも作成された。手書きふうの「しつもんです。」という意見が公開され、Twitterで拡散を始めた。しかしサイトが立派すぎて、一目でプロの仕業ということがわかる。サイトは「why_kaisan」の独自ドメインを取得しており、Twitterにはハッシュタグを付けている。ホームページにはアクセスカウンターのような数字があり、賛同した人が「(どうして解散するのか)わかんない!」ボタンを押すと、数字が増えるような仕組みもあった。アクセスカウンターの数字は200万以上だったが、実はこの数字はランダムに表示されるデタラメなものだった。さらに、ツイートは政治家宛てに発信されるスパムになっていた。とどめは、ウェブサーバーにAmazon Web Servicesを利用している点。

 有名人に片っ端から拡散希望のツイートを飛ばし、民主党マスコットの民主くんや蓮舫議員がリツイート。一気に拡散してしまった。当然、「大人の仕業だろ」というリプライが飛ぶが、ここで致命的に方向を誤った。バレた、と思ったのなら「はい、私は○○です。啓蒙するために、このサイトを作りました」と認めてしまえばよかったのだ。それなのに、「大人ってよくわからないや」ととぼけたのが、泥沼の始まり。

 結局、ドメインの登録情報をチェックすると、あるNPO法人の名前が出てくる。そして、ウェブサイトに掲載されている画像のメタデータに、制作者の名前が見つかる。これは、画像編集ソフトによっては自動で付いてしまうものだ。ドメインの取得代行業者を使ったり、後でメタデータを削除しておけばよかったのだが、なかなか細かいところまでは気が回らないもの。ここでギブアップして謝罪。NPOの代表を辞任することになった。

 しかも、謝罪文(http://why-kaisan.com/)で、4000万PVを集めたこと、みんなが政治に興味を持ってくれてホッとした、と述べるなど、まったく反省していない様子を見せたため、さらに炎上している。炎上マーケティングを仕掛けたと見る向きもあるが、大失敗に終わったと言っていい。確かに注目は集めたものの、本人叩きがエスカレートしてしまったのだ。さらにダメ押しで、首相のFacebookで「最も卑劣な行為」と批判された。これは、ざくざく燃料を追加した本人たちにも原因があるし、そもそも燃え上がりやすい政治ネタという理由もある。しばらく表立った行動をするたびに、今回の話題が付きまとうことだろう。

 さて、ではドメインとメタデータまで気を回して隠ぺいした場合、どうなっただろう。もくろみ通りの効果を上げられただろうか? しかし、誰がどう見ても大人が作っているし、リツイートしたり称賛している人たちが同じレイヤーにいる人なのは一目瞭然。ヘタをすれば、特定の組織が仕掛けたようにも見えてしまう。もちろん、ねつ造という言い訳できない行為をしているので、巻き込んだ人たちすべてに迷惑をかけることになる。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング