小林麻耶が島田紳助との“関係”を否定したワケ、知られざる「本当の仲」とは――

日刊サイゾー / 2014年12月1日 11時0分

写真

 フリーアナウンサーの小林麻耶が、ぶっちゃけた!

 11月25日放送のバラエティ番組『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)に出演した小林は、TBSの局アナ時代に「たくさんの芸能人と付き合っていた」とのウワサに言及。芸能界を引退した島田紳助さん、浜田雅功、堺正章、明石家さんまといった大物の名前を挙げ「特番をすると、すぐ週刊誌に書かれるんですよ」と、あくまでも誤解であるとアピールした。

 さらに,、交際・結婚報道が流れた“ハンカチ王子”こと日本ハムの斎藤佑樹投手にも触れ「付き合ってなくて。知人なんですけど。伊勢神宮に一緒に行ったんです。共通の知り合いがいて、私は友だちと一緒に参加して。そっちのグループはハンカチ王子さんとご両親がいらっしゃったんですよ」と釈明した。

 これにかみついたのが“毒舌キャラ”でおなじみ、女医でタレントの西川史子だ。とりわけ、紳助との関係を否定する小林に対して「紳助さんと手つなぎながら(スタジオに)入って行ったりするじゃん。見たもん」と、強烈なパンチをお見舞い。これに小林は「しないですよ~! そんなことしませんよ! 西川先生チョットおかしくなっちゃった」「私は触れたことありません」と強く否定した。

 実際のところはどうなのか? 2人をよく知る関係者が明かす。

「紳助さんとなんらかの“関係”があったことは、100%間違いない。過去、某週刊誌に、雨の中で困った様子で電話する彼女の姿が撮られたことがありましたが、何を隠そう、その時の電話の相手は紳助さんだったんです。彼女は当時、紳助さんに執拗に口説かれており、TBSの当時の上司に相談していたんです」

 その後、2人の関係がどうなったかは定かではないが、紳助さんが暴力団との交際を理由に芸能界を引退すると、小林にとって紳助の存在はマイナスでしかなかった。

「特に彼女の事務所は火消しに躍起になっている。今回、彼女が公に紳助さんとの関係を否定したのも、そうした悪いイメージを払拭する狙いあるのでしょう」(週刊誌デスク)

 “天然ぶりっこキャラ”が板に付いてきた小林だが、その裏には緻密な計算もあるようだ。

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング