レディー・ガガを「バガ」呼ばわりした小倉智昭に、批判殺到中!「ジジイ・ヅラに改名したらいいのに」

日刊サイゾー / 2014年12月5日 0時0分

写真

 キャスターの小倉智昭が、3日放送の『とくダネ!』(フジテレビ系)で、世界的アーティストのレディー・ガガをバカにするような発言をし、物議を醸している。

 海外ニュースコーナーでは、ガガが過去に披露した奇抜な衣装をVTRで紹介。その内容は、ガガがセクシーな衣装で街を疾走する様子や、厚底ブーツが原因で、派手に転んでしまった場面など、コミカルなシーンばかりが集められたもの。

 また、このVTRには「拝啓、ガガ様(略)もはや、あなたさえもイケてるかどうか分からない奇抜すぎる衣装を着て、奇妙なダンスを披露した時は、恐怖さえ感じました」といった手紙調のナレーションや、動物番組で流れるような軽快なBGMが加えられていた。

 VTRの最後には、先月話題となった「異星のウニのショーガール」をイメージしたという衣装を紹介。ここでは、「さらなる進化を遂げたガガ様は、このドヤ顔」「人の迷惑を顧みず、そのまま建物の中に入っちゃった!」というナレーションが付けられた。

 VTRが明けると、小倉は呆れ顔で「名前変えたほうがいいよ。レディー・バガ」とばっさり。これには、ガガファンや一部視聴者が、不快感を露わに。ネット上では「『とくダネ!』が、ガガ様を嘲笑ってる」「小倉に謝ってほしい」「小倉ってそんなに偉いんですか?」「ジジイ・ヅラに改名したらいいのに」といった声が見受けられる。

「“ウニドレス”をコミカルに見せるための演出だったのでしょうが、少々悪乗りしすぎましたね。ガガファンにとって、気の毒なVTRでした。ガガは来日した際、『SMAP×SMAP』に2度も出演するなど、フジテレビとのつながりが深い。それだけに、『とくダネ!』がここまでバカにしたような取り上げ方をするとは、驚きです」(同)

 過剰な演出により、一部視聴者に不快感を与えてしまった『とくダネ!』。ガガファンからは、「心の広いガガ様は、こんなことでは怒らない」との声もあるが、小倉は批判をどう受け止めているのだろうか?

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング