「ライブ動員ランキング」女性アイドルは、ももクロが独走! AKB48はドーム“空席祭り”が仇に?

日刊サイゾー / 2014年12月5日 20時30分

写真

 情報誌「日経エンタテインメント!」(日経BP社)が4日、アーティスト別の年間ライブ動員数ランキングを発表した。

 トップは、31公演で105.3万人を動員したEXILE TRIBE。以下、BIGBANG(29公演、92.7万人)、嵐(18公演、89.4万人)、SMAP(19公演、83.8万人)、関ジャニ∞(16公演、78.2万人)と、男性グループが続く。

「トップ10には、上位には、EXILE系グループ、ジャニーズ、韓流グループのほか、福山雅治がランクイン。20位までには、ゆず、DREAMS COME TRUE、安室奈美恵、コブクロといった実力派アーティストが健闘している。CDチャートが“特典合戦”と化した今、ファン層の厚さを計る数字としては、こちらのほうが信用度は高そう」(音楽ライター)

 トップ10のうち、女性は9位のももいろクローバーZのみ。ももクロは今年、国立競技場、西武ドーム、日産スタジアム、さいたまスーパーアリーナといった大箱が目立ち、13公演で48.6万人を動員した。

 一方、今年もミリオンセラーを連発したAKB48は、316公演で37万人を動員し、14位。CD売り上げではももクロを大きく上回るものの、動員数では10万人以上及ばなかった。

「AKB48は、昨夏に総動員数48万人という大規模ドームツアーを開催。しかし、福岡や札幌は7割ほどしか埋まらず、スポンサーにタダ券を大放出していた。これに懲りたのか、今年は全国ドームツアーは行わず、8月に東京ドーム3デイズを開催。しかし、1~2日目は3階スタンド席がガラガラ。アリーナ席も以前に比べ縮小し、潰した座席に置かれたカモフラージュ用の風船が話題となりました。御用メディアは、来場者数を『4万2,000人』と報じましたが、『さすがに盛りすぎ』との意見が相次いだ」(同)

 ライブ系アイドルとしての意地を見せつけた、ももクロ。“握手会アイドル”には、パフォーマンスで負けるわけにはいかないようだ。

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング