矢口真里がバイブ片手に「あ、すごい……」、『めちゃユル』“エロ発言連発”で復帰後の路線確定か

日刊サイゾー / 2014年12月11日 20時30分

写真

 10日に配信されたインターネット番組『めちゃ×2ユルんでるッ!』(フジテレビオンデマンド)でバラエティ復帰した矢口真里に、視聴者から「エロい」というコメントが殺到した。

 同番組では、矢口が10月に出演した『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)風のトークを展開。『めちゃイケ』(フジテレビ系)レギュラー陣のほか、浮気エピソードを持つ芸能人など総勢12名の司会者が次々と登場し、矢口とトークを繰り広げた。

 最初のホスト役として登場した加藤浩次は、休業中にぜいたくをしていたという矢口に対し、「(浮気を)反省してない」と叱咤。矢口にプロレス技のジャイアントスイングを掛けると、矢口は目を潤ませてハアハアと息を荒げ、「アドレナリンが出てる」「火照りがすごい」とコメント。

 その後、オアシズ・大久保佳代子が登場し、“女の性欲”の話になると、矢口は「男の人はすごい好きです」「私、今、性欲強そうって見られてますよね。はい、それで行きます」などとノリノリ。さらに、元妻に浮気された経験を持つ鬼ヶ島・和田貴志が登場すると、矢口は「(元妻が)ヤリマンっていうのは、知ってて結婚したんですか?」と、ヤリマン発言も。

 後半には、エロ発言でおなじみの作家・岩井志麻子が登場。岩井が、たまたま持っていた女性向けバイブ「iroha FIT」を矢口の股間に当てようとすると、さすがに嫌がったが、震動したバイブを手で受け取ると「あ、すごい……」と笑顔を見せた。

 これに、ネット上では「やぐっちゃんが、休業前よりエロくなってる」「今の矢口のほうが、グッとくる」「表情がいちいちエロい」「ほうれい線がエロい」という感想が相次ぎ、なかなかの好感触。一皮むけた矢口に、男性ファンが増えた可能性もありそうだ。

「番組中に、乳首を指で刺激する動作を取り入れた『心のクローゼットを開けて、コリコリコリ、セクシービーム!』なる持ちギャグまで誕生した矢口ですが、何度も頬を赤らめ、小動物のような戸惑いの表情を浮かべる彼女に、グッときた男性も多かったよう。また、以前よりポッチャリしているせいもあってか、親しみやすさが増し、エロさがにじみ出ているという声も。今後、“汚れ仕事OK”の路線で行けば、新たなファンが獲得できそう」(芸能ライター)

 離婚を経験し、大人の女としての魅力が増した矢口。性欲の強さを押し出していけば、再びバラエティから引っ張りだことなる日も近いかもしれない。

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング