元NHKお天気・半井小絵(41)が、アイドルDVD部門1位獲得も……“森光子になりたい”発言で「勘違い」の声

日刊サイゾー / 2014年12月17日 20時30分

写真

 かつてNHK『ニュース7』のお天気キャスターとして活躍し、“午後7時28分の恋人”と呼ばれた気象予報士の半井小絵(41)が、初のイメージDVD『半井小絵/心模様』(イーネット・フロンティア)を発売。約1,000枚を売り上げ、オリコン週間総合DVDランキングで71位にランクイン。アイドル・イメージ部門では、首位を獲得した。

 半井は2011年2月、「週刊文春」(文藝春秋)に元阪神・建山義紀投手との不倫が報じられ、翌月に『ニュース7』を降板。翌年には、バラエティ番組『フジテレビに出たい人TV』(フジテレビ系)に5カ月にわたりレギュラー出演したが、その後、目立った活動はなかった。

 しかし、今年9月、突如セクシーグラドル路線へ転身。先月発売した初写真集では、大胆なランジェリー姿を披露。同作の発売記念イベントでは、「これからはバラエティや、演技とかもしてみたい」「80歳になった頃には、森光子さんみたいになりたい」と大女優の名前を挙げて目標を語った。

 ここ最近の半井の活動に対して、ネット上では「需要あるの?」「ファン層が見えない」「DVD買って、どうするの?」「誰か止めるやついないのかよ」と、否定的な見方が多かった。しかし、DVDの初週売り上げ約1,000枚という結果は、健闘したといえる。

「半井は女子アナ事務所のセント・フォースから、現タレント事務所に移籍したことを機に、路線を変更。セント・フォース時代は、事務所から半ば放置されていた彼女ですが、今の事務所は半井が稼ぎ頭。本人もタレント活動に意欲を見せていますから、今後、テレビ出演の機会も増えそうです。しかし半井は、好き嫌いが別れるビジュアルなだけに、『勘違いおばさん』『痛い』などと揶揄されることも多い。先日の“森光子になりたい”発言も、相当叩かれていましたから」(芸能ライター)

 とはいえ、半井の40代でのグラドルデビューは、存在感をアピールするには、ひとまず成功といえそうだ。

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング