親フラならぬ“子フラ”! もしも下着姿の母親が「ニコ生でエロトーク」していたら……

日刊サイゾー / 2014年12月19日 15時0分

写真

ヲタ系ITライターと日刊サイゾー新米編集者が、ここ最近、ネットで話題になったいろいろな出来事について語るコーナーです。

ニコ生でエロトークしていた母親に、子どもが突撃! 

ITライター・Dr.T ニコ生で、久しぶりに事件が発生したよ! 今度は親フラならぬ、子フラだ!

新米編集者・アキ ちょっと待ってください! ずいぶん興奮してますけど、何を言っているかぜんぜんわからないので、説明をお願いします。

Dr.T おやおや、それは失敬失敬。

アキ 今日はいつにも増して、ムカつきますね。

Dr.T  いつも多少はムカついてたの!? ……まぁそれはともかく、ニコニコ生放送といえば、かつては炎上の温床みたいにいれていたサービスだったよね。ここのところはちょっとおとなしい印象があったんだけど、久しぶりにネットで話題になる出来事が起きたんだよ。「子フラ」といって、生放送に子どもが映り込む事件がね。

アキ 何か問題があるんですか? っていうか、子フラとか、そんな専門用語まであるんですね……。

Dr.T  子フラっていうのは、めったにないけどね。もともとは子どものほうがニコ生をやっていて、その途中で親がカメラに見切れたりすることを「親フラグ」、略して「親フラ」と呼んでいたんだ。子フラはその逆だね。ニコ生はご存じ、中高生の配信が多いから、親フラはあっても子フラは珍しいんだ。

アキ なるほど、つまり今回は親がニコ生をやっていたところに、子どもがやってきた、と。でも、それの何が問題なんですか? 別に親がニコ生やっていたっていいと思うんですが……。

Dr.T  母親がリスナーを相手に、下着姿でエロトークしていても?

アキ えー!?

Dr.T  そう、今回の事件は、母親が下着姿で自分の胸をもんだり、カメラに顔を近づけて舌でベロベロやっているところに子どもがやってきてキレた、という状況だったんだ……。

アキ それは……きつい……っていうか、文字にしただけでも、ものすごい破壊力ですね……。

Dr.T  しかも、子どもは中学生くらいで、思春期。そんな大事な時期に、母親がニコ生でエロトークかましてたら……ねぇ。

アキ 同情しちゃいますね、なんか……。

Dr.T  一部始終は録画されてニコ動にもアップされているけど(http://www.nicovideo.jp/watch/sm25002338)、娘に罵倒されて、最後にはお母さんもさすがにこたえたのか、涙ぐんでいる姿が映っているね。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング