完全に開き直った“性獣”矢口真里に、視聴者は不快感「ふざけるな!」「神経疑う」

日刊サイゾー / 2014年12月22日 17時0分

写真

 寝室不倫“鉢合わせ”騒動が原因で休業していた元モーニング娘。の矢口真里(31)が、21日放送の『今だから言えるナイショ話』(TBS系)で、1年7カ月ぶりに地上波バラエティ番組に復帰した。

 矢口は、男性へのアプローチについて、「私、昔から肉食女子だと思います」「(告白は待たずに)毎回、一直線に自分から行ってしまいます」と告白。

 モー娘。時代に恋愛禁止の掟を破り、俳優・小栗旬とのパチンコ屋デートをフライデーされた過去について、FUJIWARA・藤本敏史から「(バレたら)脱退せなあかんて分かってるのに、(男性に)行ってしまうの?」と問われると、「そうですね~」と笑顔。この発言に、藤本らが「めっちゃ男好きやん!」「ただの男好きじゃない。性獣ですよ! 性獣!」と言い放つも、矢口は嫌がるどころか、「モー娘。を(男性スキャンダルが原因で)脱退した“汚めのメンバー”」と自称し、追い打ちをかけた。

 また、元夫・中村昌也と、間男・梅田賢三が鉢合わせした瞬間の心境を、「気持ちは……、ヤバイ」と振り返る一幕も。10月に出演した『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)では、鉢合わせの事実について言及を避けたが、半ば認めるスタンスに切り替えたようだ。

 ほかにも、休業中に不倫を題材にしたドラマ『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』(フジテレビ系)にハマッていたことを挙げ、「私は(主人公を演じる)上戸彩ちゃん、『行け!』『(不倫愛を)貫け!』と思っていました」と意味深な発言も飛び出した。

 これにネット上では、「今度は開き直って肉食宣言? ふざけるな!」「不愉快。すぐにチャンネル変えた」「こんなことを笑顔でネタにするなんて、神経疑う」「不倫を面白がって起用するテレビ局に、ウンザリ」と批判が相次いでいる。

「矢口は、10日に出演したネット番組『めちゃ×2ユルんでるッ!』(フジテレビオンデマンド)でも、『男の人はすごい好きです』『私、今、性欲強そうって見られてますよね。はい、それで行きます』と発言。スイッチを入れた女性向けバイブを持たされ『あ、すごい……』と笑顔を見せるなど、汚れ仕事もこなしていました。

 モー娘。時代から、業界内ではビッチぶりが有名だった矢口ですが、今後は本来の自分を明け透けにしていくと、腹をくくったようです。ネット上では、『鉢合わせ時にピストン中だった』という疑惑報道の影響で、“ピストン矢口”と呼ばれている矢口ですが、このニックネームが本人公認となる日も来るかもしれません」(芸能ライター)

 いよいよ復帰後のキャラが定まりつつある矢口。来年1月7日放送の『ホンマでっか!?TV 4時間半SP』(フジテレビ系)でも、今回同様に不倫騒動を振り返るようだが、次はどんな“開き直り芸”を見せてくれるだろうか?

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング