未曾有のとんかつグルーヴを君は聴いたか? 異端のジャンプマンガ『とんかつDJアゲ太郎』がじわじわきてる件

日刊サイゾー / 2014年12月24日 15時0分

写真

「とんかつとDJって同じなのか!!!???」

 ネット上で、じわじわくる、と話題になっているマンガがある。『とんかつDJアゲ太郎』がそれだ。<とんかつ、クラブカルチャー、DJ……渋谷の「今」を切り取った最新型アーバンライフ>をテーマに、今年9月から「週刊少年ジャンプ」(集英社)の電子版「少年ジャンプ+」で無料掲載(外部リンク/毎週木曜更新)されている。渋谷のとんかつ屋「しぶかつ」の息子・勝又揚太郎が、偶然訪れた配達先のクラブで体験した光景に魅了され、一人前のとんかつ屋兼DJを目指すという物語。一見、まったく結びつかない“とんかつ”と“DJ”だが、実は、そこには驚くべき共通点が隠されていた――。

 奇想天外な設定と強引なロジックで“異端のジャンプマンガ”として注目される『とんかつDJアゲ太郎』だが、今度はなんと、ファッション誌「メンズノンノ」(同)1月号で番外編をスタートさせた。タイトルは『とんかつDJアゲ太郎 B面~ファッショニスタへの道~』。“とんかつ”と“ファッション”を独自の視点で結びつけ、展開していくという。快進撃を続けるこの作品の作者、イーピャオ氏(原案)と小山ゆうじろう氏(作画)に、話を訊いた。

 ……なんで、とんかつなの!?

***

――まずは、「とんかつ×DJ」という設定にした理由を教えてください。

イーピャオ 突き詰めると、ダジャレなんです。「豚肉を揚げる」「フロアをアゲる」という……。でも、2人ともとんかつは大好きです!

――実際のモデルはいるんですか?

小山 いません。キャラクターのビジュアルは、それぞれ参考にしてる人がいるんですが。揚げ場の経歴のあるDJの方がいたら、ぜひ教えてほしいです。

――お2人は学生時代の先輩後輩という関係だそうですが、バリバリのクラバー&DJなんですか?

小山 DJは未経験で、クラブは連載前に一度だけ行ったことがある程度です。今は取材も兼ねてちょこちょこ通ってます。

イーピャオ 自分もDJ未経験、クラブ歴も本当に浅く……現在進行形で魅力を探ってます。好きな音楽のジャンルは、ロックよりポップって感じです。

――「まさか…!!! 千切りと同じBPM!!!???」「豚をアゲるか客をアゲるか大したちがいはねぇ!!」「固い肉もカタいオーディエンスも アゲる前にほぐせばいいんだ!!!」「揚げ音と雨音が グルーヴを生んでいる」など、アゲ太郎の天才的な悟りが、この作品のキモとなっていますね。
 
小山 各話のタイトル・人物名はイーピャオ。パンチラインとなるセリフは、僕が考えてます。各々が得意で面白がってることをやってる感じですが、極力、余計な言葉を肉付けしようということは心掛けてますね。また、WEBマンガということでスマホなどの小さな画面で読むことを想定して、画・セリフ含め、とにかく読みやすさに気を使ってます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング