『スポーツ王』木梨憲武の「殺意が芽生えるつまらなさ」に引退勧告の声が殺到中!?

日刊サイゾー / 2015年1月5日 13時0分

写真

 正月恒例となっている、1月2日に放送された『夢対決2015 とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』(テレビ朝日系)。とんねるずの2人がスポーツ各界のスーパースターたちとユニークな対決に挑み、毎年高視聴率を獲得。人気急落がささやかれるとんねるずとしては、ここぞとばかりに存在感を示すチャンスとなっている。

 ところが、53歳にしてますます熱気を帯びる石橋貴明とは裏腹に、木梨憲武(52)の“つまらなすぎるトーク”に、視聴者もついに限界がきたようだ。

 番組コーナーで一番の人気企画となっているのが、5年連続となる錦織圭とのテニス対決。今年は、松岡修造、マイケル・チャンに加え、元世界ランク1位のアンドレ・アガシまで参戦。しかし、これに水を差したのが木梨の意味不明な言動の数々だった。

 冒頭、意気込みを語る場面では、

石橋「圭にとっては、これが本当のファイナルなんで」
木梨「ちなみに、ケイとミーは今活動していません」

 さらに、この番組での共演が出会いとなった錦織とマイケル・チャンだが、一部で「親善試合で会った」と報じられていることに対して、

石橋「急にマイケル取られてたから」
木梨「(錦織に向かって)7万円ちょうだい」

 そして、錦織、松岡、マイケル、アガシが素晴らしいプレーで観衆を魅了するも、木梨の「すいません、近くで見ると疲れる」
「これ、この営業で全国回れるぞ」といった的外れなトークで、いい雰囲気が台なしに。挙げ句、撮影カメラを相手コートに持ち込むと、そこにアガシの打球が直撃。

松岡「どっちのポイントなの?」
木梨「違う! 寄りの画だった」

「意味不明で会話がかみ合っていないし、面白くもなんともない。バラエティとはいえ、現役の世界5位や元世界1位、2位を前に、あれは失礼すぎでしょう。石橋のほうは、以前、ロスでマイケルの猛特訓を受けたり、今回も対戦前に8カ月間レッスンを受けたほど努力をしてきているし、豪華メンバーに対するリスペクトが感じられる。実際、1年目は木梨以上にドヘタだったのが、番組を重ねるごとに上達しているのがわかる。まだ初級レベルとはいえ、ところどころゲームに参加できていた。木梨のほうはウロチョロするだけで、もはや“邪魔”でしかなかった」(テニス経験のあるテレビ関係者)

 ちなみに、木梨単独のサッカーやスケートのコーナーでは、勝負の感想を求められても、「何が起きたかわからない」と絶句するのみ。石橋と2人で出ている場では、ゲストは誰も木梨に絡もうとすらしていなかった。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング