ピース・綾部祐二「好感度低い芸人」の面目躍如!『イロモネア』でコンビ間格差くっきり……

日刊サイゾー / 2015年1月7日 20時30分

写真

 5日放送のバラエティ特番『ウンナン極限ネタバトル ザ・イロモネア 笑わせたら100万円SP』(TBS系)で、お笑いコンビ・ピースの“好感度格差”が浮き彫りとなる一幕があった。

 同番組は、芸人がランダムに選ばれた観客5人を、1分以内に笑わせようと試みるチャレンジ番組。トップバッターとして登場したピースは、100万円獲得一歩手前まで、順調に駒を進めた。

 チャレンジでは、又吉直樹が「おばあちゃん~、生き返れ~。おばあちゃん~、生き返れ~」「二次会行く人~。二次会行く人~」など、無表情で独特な世界観のギャグを披露し、大きな笑いを誘った。一方、綾部祐二は、「競歩してるだけですけど、よかったら笑ってくださ~い」をはじめ、コミカルな表情や動きを駆使した、勢いのあるギャグや物ボケを連発。しかし、スタジオは微妙な空気に包まれ、選ばれた5人もほとんど笑わなかった。

 これには綾部も、「私が出る時、(客が笑わないように)クローズされてます?」などと、自虐発言を繰り返した。

 「よしもと男前ランキング」で殿堂入りを果たすなど、イケメン芸人として知られる綾部だが、約2年前に関与が発覚したペニオク事件がきっかけで、好感度が急下降。昨年11月放送の『アメトーーク!』(テレビ朝日系)では、「好感度低い芸人」として登場し、自虐ネタを連発したが、きっかけとなったペニオク騒動には一切触れず。それが逆に、タブー感を漂わせた。

 一方、相方の又吉はここ最近、『オイコノミア』(Eテレ)、『ミライ☆モンスター』(フジテレビ系)などのレギュラー番組や、CM出演など、ピン仕事が増加。さらに今月7日発売の「文学界」(文芸春秋)では、中編小説「火花」で純文学デビューを果たし、その多才ぶりが注目されている。

「かつて甘いマスクとトーク力が人気を博し、ペニオク騒動前には、連ドラ主演も務めた綾部ですが、現在はピンでのレギュラーはゼロ。熟女好きキャラも飽きられ、又吉との差は開くばかりです。しかし、綾部の番組進行能力は、業界で『フットボールアワー・後藤輝基と並ぶほど』との声も。不祥事さえなければ今頃、レギュラー司会の1つや2つくらい、務めていたのでは?」(制作会社関係者)

 ピースの好感度格差が縮まる日は、今後訪れるだろうか?

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング