ファンはどっちらけ? 着々と松井珠理奈の“首位固め”が透けて見えるAKB48総選挙の行方

日刊サイゾー / 2015年5月14日 9時0分

写真

 6月6日に行われるAKB48グループの第7回選抜総選挙まで1カ月を切った8日、SKE48の松井珠理奈が都内で行われた求人情報サイト「バイトル」の新CM発表会に、CMで共演した母のユミ子さんと登場した。

 各メディアが報じたところによると、昨年の総選挙で4位だった珠理奈は「総選挙では悔し涙を流すことが多かった。今年は最後まで笑顔でみなさんに会いたいと思う。気合はすごく十分。最後に名前を呼ばれたい」と、初の1位に向けて意欲満々。昨年、2連覇を逃したHKT48の指原莉乃は公約通り滝行を実行したが、珠理奈は「私はジェットコースターがすごく苦手なので、1位になれなかったら、乗ります!」と公約した。だが、現状ではジェットコースターには乗らない可能性が高そうだという。

「8日付の各スポーツ紙によると、フジテレビが4年連続で総選挙を中継し、中継のテーマとして『親子の絆』を掲げているという。そんな記事が出た矢先に、珠理奈が母親と共演したCMの発表会で、あまりにもタイミングが良すぎる。もともと人気があった珠理奈だが、これまでは今回のように1位を意識した発言をしたことはなかった。もともと、総合プロデューサーの秋元康氏の“推しメン”だけに、どのタイミングで“珠理奈政権”を確立するかが、これまでの最大のテーマとなっていた」(芸能デスク)

 今回は昨年上位だったメンバーのうち、SKE48の松井玲奈、卒業のウワサがちらつくAKB48の小嶋陽菜、AKBとの兼任から乃木坂46専属に戻った生駒里奈、襲撃事件で負傷しグループ卒業を発表している川栄李奈、川栄とともに襲撃事件で負傷した入山杏奈らが立候補せず。そのメンバーたちのファン票が“浮動票”となるだけに、上位は混戦が予想されるのだが……。

「先日、某スポーツ紙に、AKB担当記者の総選挙順位予想が掲載された。そのうち、SNSでの発言がファンを刺激してたびたび炎上し、やたら秋元氏との蜜月ぶりをアピールしている記者がいるが、その記者だけ1位予想は珠理奈。その予想を受けて、またネット上では盛り上がっているため、本当に珠理奈が1位になれば露骨な“ヤラセ”として炎上しそう」(アイドルウォッチャー)

 珠理奈といえば、おととしのじゃんけん大会をすべてパーで勝ち上がり優勝。これまで総選挙とじゃんけん大会の2冠を獲得したメンバーはいないだけに、このまま前人未到の偉業を達成してしまう可能性が高そうだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング