セルジオ越後の“早過ぎる”ダメ出しにファン騒然「辛口批評したいだけ」の評論はもう飽きた!?

日刊サイゾー / 2015年7月27日 21時0分

写真

 セルジオ越後といえば、日本サッカー界におけるご意見番的な存在だ。日本代表が負けようものなら、その容赦ない毒舌で選手達を鼓舞し、勝って浮かれていようものなら、悪かった点をあぶり出し、現実を突きつける。最近では、快勝したイラク戦やウズベキスタン戦でさえ、相手が弱すぎて参考にならないと発言している。まさに、日本サッカー界になくてはならない存在だ。

 しかし今、8月2日に初戦を迎える東アジアカップについて、そのセルジオ越後氏の辛口評論が“早過ぎる”と話題になっている。

「始まってもいないのに、北朝鮮、韓国、中国と戦うこの大会について“見所はほとんどない”と発言をしたんです。格上と戦わないと強くならないというニュアンスの言葉でしょうけれど、この3国は実際にアジア予選で当たる国々ですし、何より、これから始まる大会にケチをつけるのは、日本サッカーを盛り上げる立場の人間の発言としては、あまりにも不適切ですね。ライトファンが観なくなったらどうするんだ、と」(スポーツライター)

 初選出された浦和レッズの武藤雄樹や、ガンバ大阪の米倉恒貴、湘南ベルマーレの遠藤航やその他の若手選手に対しても「欧州組がいたら呼ばれない“程度”の選手」「この3カ国相手に結果を残しても代表に定着する姿は想像がつかない」と発言している。

「選手もファンも、そんなことはわかりきっています。それでも活躍してなんとか名を上げたいと意気込んでいるんです。今までのセルジオ氏は試合を終えてからの辛口評論だったんで意味はありましたけど、先に言ってしまうと上がった士気に水を差すだけ。最近ではファンも『セルジオさん辛口批評したいだけになってるよ』『辛口がゴールになって、本当の目的を忘れだした』と、少し食傷気味になっていますね」(同ライター)

 最近のセルジオ氏は、日本に批判をする評論家が少ないことから「自分が言わないと誰が言うんだ」という強迫観念にとらわれているように見える。それだけに“辛口批評したいだけ病”は、しばらく治りそうにない。
(文=沢野奈津夫)

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング