エロさえも芸術の高みに昇華!? 花の都・パリの秘宝館に潜入! 

日刊サイゾー / 2015年8月4日 22時0分

写真

 エッフェル塔や凱旋門、シャンゼリゼ通りなど、世界的に有名な観光スポットが軒を連ねるパリには、年間3000万人以上の観光客が訪れる。中でも、西洋美術の中心を担ってきたパリの美術館は、モナリザで有名なルーブルをはじめ、オルセー、オランジェリーなど、世界中からやってきた旅行客であふれかえっている。

<画像はこちらから>

 しかし、そんなパリには知る人ぞ知る「エロティック・ミュージアム」なる美術館があることをご存じだろうか? アーティストたちが集う街として知られるモンマルトル地区は、現在ではキャバレー・ムーラン・ルージュや、アダルトグッズショップ、さらにストリップショーなど、淫靡な煌めきを放つネオンがところ狭しと並ぶエリア。その一角に「Musée de l'érotisme de Paris」の文字が! いったい、ここにはどんなエロが待っているのか……。10ユーロ(約1,300円)のチケット代を支払って入場だ!

 入り口をくぐると、早速おっぱいをさらけ出したモナリザのパロディ絵画がお出迎え。さらには、貞操帯や木彫のセックス像、巨大男根などが展示され、深~いエロの世界へと導いてくれる。さすが、年間100回以上セックスをする国・フランス。前戯もなく、いきなりエロの直球を投げ込んでくる!

 7つのフロアを持つエロティック・ミュージアムでは、1階、2階にアジアやアフリカなどを中心とした各国からやってきたエログッズが陳列されている。中国、タイ、インド、日本など、とりわけエロに造詣が深い各国には特設コーナーも作られており、パリにいながら世界中のエロが楽しめるフロアだ。なお、日本特集コーナーでは、おなじみの春画や口元が女性器・髪形が男性器になったおたふくなどが展示されており「若い男性のトレーニングのために、これらのグッズは作られた」と解説されていた(ホントに!?)。

 ポーランドから旅行に来ていた19歳の女子学生が、春画を食い入るように見ていたので話を聞いたところ、「日本のエロティックアートはとてもキレイだと思う。でも、少し奇妙な気もするわね」と、その奥深さにトマドイを隠せない様子。春画に描かれた巨大なイチモツをじっくりと眺める彼女の頭の中で、「日本人のモノって、こんなに大きなものばかりなのね」という想像が膨らんでいないか、ちょっと心配になってくる……。

 さらに3階には、19~20世紀フランスのエロ写真やイラストなどが展示されており、こちらはさながらフランス・エロティック史の展示といった風情。4階以上では、アーティストによるエロ絵画、イラストの展示・販売が行われている。ドラクロワのようなロマン主義絵画や、エッシャーのようなだまし絵、さらにはマンガのようなイラスト等、そのタッチは多種多彩。さすがはフランス。エロすらも芸術の高みに昇華させているのだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング