澤穂希「新婚旅行で世界遺産に」発言で、早くもフジテレビが特番を画策中!?

日刊サイゾー / 2015年8月28日 9時0分

写真

「まだ予定はないですけれど、新婚旅行は行きたい。私は世界遺産が大好き」

 新婚の日本女子サッカー選手・澤穂希(INAC神戸)がそう発言したことで、早くもテレビ界が動きだした。

 女子サッカーと縁が深いフジテレビの関係者からは「新婚旅行の一部を公開する番組を作りたい」という話が上がり、フリーの放送作家も「夫婦そろって海外リポートする旅番組ができたら」と話している。

 澤は8月8日、10年来の友人で、J1「ベガルタ仙台」のコーチを務める辻上裕章氏と結婚。23日に都内のイベント内で新婚旅行の夢を語った。

 あくまで澤の希望であり、旅行の予定は白紙だが、テレビ界としては澤の結婚にビジネスのにおいを嗅ぎ取ったようで、前出フジ関係者は「世界遺産を巡るというのは、航空会社や旅行会社とタイアップしやすい」という、もくろみもある。

「澤さんが、あまり知られていない世界遺産を『ここに行くのが夢だった』と言って実際に行けば、旅行者が増えることも見込めます。現地の観光局も、特別な計らいをしてくれるはず」(同)

 放送作家によると、澤は結婚で、その商品価値をさらに上げたという。

「失礼ながら澤さんはスッピンを晒して競技に励むスポーツ選手で、とりわけ美人というわけではなく、年齢も36とアラフォー。でも、こういう方の結婚は女性ウケが非常に良く、スポンサー企業にも印象がいいので、出演料が上がります。イベント出演や講演など、本業以外の仕事にも前向きな澤さんだけに、新婚旅行の番組化があれば引き受けてくれる可能性はあるのでは」(同)

 フジ関係者は「できれば、女子リーグがシーズンオフに入る10月から行ってほしい」というが、問題は澤のスケジュールで、夫妻はいまだ別居婚という点だ。

 澤は神戸、辻上氏は仙台で活動しており、交際は昨年末から始まったものの同居はしておらず、澤は「現役中は難しい」と断言。現役を今後「5年、10年とやるつもりはない」とするが、現状では選手生活を続ける意向のため、夫と休日をそろえるのも非常に困難だ。もし澤が5年後の東京五輪出場を目指せれば、それまで新婚旅行そのものをしないことも考えられる。

 澤は中国の東アジア杯で編成から外れ、来年2月のリオ五輪アジア最終予選のメンバー入りも微妙な状況で、近い将来、引退がささやかれているが、引退してもそのまま協会役員になって五輪出場チームを支えるとみられている。そうなれば、引退しても新婚旅行はお預けとなるかもしれない。

 広告代理店の関係者からは「子どもができたら、ベビー用品やマタニティ関連のCMオファーがある」という声も上がる、人気者の澤。INAC神戸に問い合わせたところでは「引退の可能性はまったく聞いてない」というが、周囲が勝手に新婚旅行やら子作りやらを見据えてしまうのだから、さすがスーパースターだ。
(文=ハイセーヤスダ)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング