ASKAをクスリ漬けにした「新宿の薬局」壊滅で、歌舞伎町ドラッグルートが大混乱! 抗争の予感も……

日刊サイゾー / 2015年8月30日 9時0分

写真

 ASKAをクスリ漬けにしたともウワサされる通称「新宿の薬局」なる芸能界麻薬流通ルートが警視庁に摘発されたが、早くもその後釜を狙う連中が出現しつつあるという。

 暴力団の動きを探る実話誌のアウトロー系ライターのA氏は8月14日、週末の夜に歌舞伎町のキャッチなどに聞き込みをしている際、いかつい男数人に取り囲まれる事態に遭遇した。

「裏社会系の取材には慣れていますし、地元のヤクザとかなら、おおよそ誰だかわかるので、情報交換して持ちつ持たれつやってきたんですが、見たことのない連中で、一部は中国人に見えました。胸ぐらをつかまれてしまい、慌てて走って逃げたんですが……」(A氏)

 実はA氏、新宿の大規模な薬物ルート摘発後の歌舞伎町で、後釜となりそうな新たな麻薬売買グループの情報を先取りしようとしていたが、まさにそのグループと思われる連中ににらまれた形だった。

「今回の摘発後、以前から顔見知りだった人にも軒並み取材を断られていて、ピリピリした感じだったんですが、ちょっと情報入手どころではないです」(同)

 大規模摘発は、警視庁組織犯罪対策5課が今年7月まで暴力団幹部ら23名、顧客50名以上を逮捕したもの。1億円相当の覚せい剤などを押収しているが、この中には昨年9月に有罪判決を受けたASKAの薬物入手先とみられる暴力団「大昇会」の関係者がおり、芸能界の薬物汚染ルートのひとつともいわれている。実際、逮捕された顧客のひとりは「Choo Choo TRAIN」のヒット曲で知られる「ZOO」の元メンバー、坂井俊浩容疑者だった。

 本来、この大規模摘発で麻薬売買が弱体化すると思われていたが、壊滅状態となったのは特定の組織のみ。ここでガラリと空いた「クスリ利権」をめぐって、早くも勢力争いが始まっているのだという。

「麻薬は、今すぐ欲しいという買い手がいるシロモノですから、展開が早いんでしょうね」とA氏。

 警視庁は「新宿の薬局」の摘発で「壊滅状態になった」と発表したが、既存のグループの存在で歌舞伎町に進出できなかった勢力が、ここぞとばかりにシェアを取ろうとしているのだろうか?

「もともと新宿界隈は大昇会を擁する住吉会と、極東会によって占められてきましたが、厳密にはギャンブル系の縄張りである『シマ』を住吉会が持ち、うちテキヤ系の縄張りである『ニワ』を極東会が管轄する区分けみたいなものがあったんです。この結束は固く、本来は第三の勢力が入り込む余地はありません。もし外部の組織がここで商売を始めれば、武力での抗争は避けられないと思います」(同)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング