最低視聴率『グッディ!』は「私には合わない……」安藤優子の後釜に座るのは滝川クリステル?

日刊サイゾー / 2015年8月31日 9時0分

写真

 番組スタートから1%~2%台という低視聴率が続くフジテレビ系の昼の情報番組『直撃LIVEグッディ!』の安藤優子キャスターが、番組スタッフのたび重なる行き過ぎ取材に「私には合わない」とギブアップしたという情報が流れて、急遽、降板説がウワサされている。

 だが、安藤は“打倒!ミヤネ屋”を掲げるフジのワイドショーのキャスターとして、この仕事を引き受けたはずだ。ワイドショーとはそもそも、スキャンダルやゴシップが発覚した芸能人への直撃取材が売り物だった。“芸能リポーターの元祖”と呼ばれた梨元勝や石川敏男然り。ただし、フジ専属の前田忠明は、今の宮根誠司と同じように大手芸能プロに擦り寄った取材ばかりしていたが、現場のワイドショーのスタッフは突撃取材でそれなりに頑張っていた。それこそがワイドショーの真骨頂。最近は芸能プロとの力関係や、一部視聴者からのクレームを気にしてか、過激な取材は減ってきたが、『グッディ!』は視聴率で大差をつけられた日本テレビ系の『情報ライブ ミヤネ屋』に挑むべく、古きワイドショーの復権を目指したはず。安藤は、そんなワイドショーの世界に自ら足を踏み入れたのだ。それを今になって「私には合わない」というのは、低視聴率の責任逃れ、敵前逃亡としか思えない。

 これまで指摘されてきた『グッディ!』スタッフの行き過ぎとは、SMAPの中居正広が父親を亡くした直後に直撃取材を敢行したこと、事故死を遂げた萩原流行の妻の記者会見中継でルール違反を犯したこと、番組コメンテーターの土田晃之が、森進一への直撃取材のVTRを見て「本当にクソみてぇだな」とマジ切れした一件などがあるようだ。

 しかし、記者会見のルール無視は別にして、その他2件はワイドショーのスタッフとして、当然の行動だ。芸能人は話題になってなんぼ。土田がマジ切れした森の件にしても、寝てるところを無理矢理起こして直撃したのなら問題だろうが、早朝、散歩しているところを直撃。森は昔は大物歌手として常に脚光を浴びたが、最近はヒット曲もなく忘れられた存在だ。その森にとって、久々の取材は迷惑どころかうれしそうに見えたのは筆者だけだろうか?

 それを良識人ぶって、マジ切れする土田こそ問題だ。電波芸者であるはずの芸人が、こういう時に限って偉そうにコメントするなと言いたい。こんなコメンテーターを使っているようでは、フジが敵視する『ミヤネ屋』にはいつまで経っても太刀打ちできそうもない。また、安藤も「私に合わない」というならさっさと降板すればいい。やる気がなくなったキャスターでは低視聴率から抜け出せるわけがない。なにより、こんな人間が番組の顔では、体を張って番組制作しているスタッフたちがかわいそうだ。

 ウワサでは安藤に替わって、2年前までフジの『Mr.サンデー』のキャスターをやっていて、パートナーの宮根誠司との不仲説がささやかれながら降板した滝川クリステルの名前が浮上している。滝川は東京五輪アンバサダーとして「お・も・て・な・し」の流行語を生んだことで、再び脚光を浴びて、政界進出や海外進出の話もあるが、宮根とは因縁ある仲だけに、“打倒ミヤネ屋”にはうってつけの存在。あのキャラクターで下世話なネタを扱うギャップも受けるのではないか。やる気を失くした安藤に替わって、滝川キャスター誕生に期待したい。
(文=本多圭)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング