山口組分裂で激震! 芸能界の勢力図がひっくり返る日「ケツモチが弘道会の芸能プロは……」

日刊サイゾー / 2015年8月31日 21時0分

写真

 指定暴力団山口組(総本部・神戸市灘区)から、最大の2次団体「山健組」(神戸市中央区)などが脱退し、新しい組織を結成することがわかった。山健組のほか、関西を中心とする十数団体が同調する動きを見せているという。

 27日までに離脱する13団体には絶縁、破門処分が通達されており、警察当局は、組織間の主導権争いが抗争に発展する恐れがあるとして、全国で警戒を強めている。

 分裂の背景には、山口組の司忍こと篠田建市六代目組長やナンバー2の若頭、高山清司受刑者の出身母体「弘道会」(名古屋市)と、渡辺芳則・五代目組長(故人)の出身母体で、構成員数などが山口組で最大の山健組などとの対立があるとされる。

 日本最大の暴力団組織の内部分裂は、芸能界にも大きな影響を与えそうだ。スポーツ紙デスクは「今月25日ごろから急速に内部分裂の話が出回りはじめ、社会部記者は裏取りに奔走していた。芸能プロの幹部も知り合いの記者に電話し、どうなっているのか確認していた」と話す。

 コンプライアンス遵守が求められる世の中だが、興行などを行う芸能プロダクションやレコード会社にとって、ヤクザは切っても切れない関係だ。「中には、ケツモチにバリバリの暴力団をつけているプロダクションも多い。とりわけ弘道会は芸能界とも結び付きが強い。ある意味、うしろに弘道会が控えているから業界でもイケイケでできた部分もある。それが今回の分裂劇でどうなるか……。一歩間違えれば、芸能界の勢力図も一変しかねません」とは裏社会に詳しい人物だ。

 東京は住吉会、関西は山口組と、大まかに仕切られていたのは昔の話。現在は半グレ集団や不良外国人グループなども流入してきている。

「警察の目もあり、山口組は今回の件で傘下の組に抗争厳禁を通達していますが、血気盛んな末端構成員が勝手に弾ける可能性はある。そこから大規模抗争につながるかもしれない。その場合、危険なのは総本部のある神戸や大阪、名古屋だけではない。各勢力がしのぎを削る東京・六本木や麻布、池袋などでドンパチ繰り広げられる危険はある」(同)

 一般市民を巻き込むことだけは避けてもらいたい。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング