女優・中谷美紀、独立の裏に渡部篤郎との“破局”あった? 「銀座クラブに通い詰める姿も……」

日刊サイゾー / 2015年9月1日 9時0分

写真

 中谷美紀がデビューから所属していた大手プロ・スターダストプロモーションを退社し、7月下旬に独立。個人事務所を設立した。理由は「海外の仕事を視野に入れたいため」といわれているが、果たしてそうだろうか?

 筆者は中谷と“年内入籍”といわれている渡部篤郎が、今年に入ってから、夜の銀座のクラブに頻繁に出没し、入れ込んでいるホステスがいるという情報をつかんでいる。中谷と渡部の関係は入籍どころか、破局に向かっているのではないか。それだけに、渡部と同じ事務所にいたくないという思いからの独立ではないかと踏んでいる。

 中谷と渡部は、1999年のTBSのドラマ『ケイゾク』、翌年の日本テレビのドラマ『永遠の仔』と立て続けの共演で急接近したが、当時、渡部はタレントのRIKACOとの間に2人の子どもがいたため、“不倫”のウワサにRIKACOが激怒。もともと恐妻家でRIKACOに頭が上がらなかった渡部は、中谷と別れたはずだった。しかし、裏ではRIKACOに隠れて、不倫の関係は続いていた。それに気づいたRIKACOは離婚を決意、05年に2人は離婚したのだ。

 離婚から4年、渡部は中谷が所属するスターダストと業務提携したことで“入籍秒読み”と注目されたが、すでに6年の歳月が流れている。今年2月に西麻布の路上を堂々と腕を組んで歩いている2人の写真が写真誌に掲載されたことから、結婚間近ではないかと注目されるようになった。ところが、その頃から、渡部が夜の銀座で目撃されるようになったのだ。

 筆者と親しい8丁目のポーターは「去年までは、銀座ではまったくといっていいほど渡部を見たことがなかったんですが、今年に入って並木通りで頻繁に目撃されてます。伊藤英明や坂口憲二が通っているクラブ『M』に行ってますよ。ショートカットが似合うS子さんが目当てのようです」と言う。

 渡部は、7月上旬に六本木ヒルズのホテルのレストランで、ショートボブ美女とのランチデートが女性週刊誌に報じられている。クラブ関係者によると、その女性はS子さんに似ているという。ランチデートが報じられた直後に中谷はスターダストから独立、個人事務所を設立した。あまりにタイミングが良すぎる。渡部の浮気に愛想を尽かして、同じ事務所で同じ空気を吸いたくないための独立のような気がしてならない。交際足かけ15年。2人の関係は「長すぎた春」となってしまいそうだ。
(文=本多圭)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング