「メインでしゃべる時とガヤを入れる時の音量を使い分けてる!?」菊地亜美の恐るべきバラエティトーク術

日刊サイゾー / 2015年9月4日 19時0分

写真

 ちょっと落ち着いた感のある“アイドル戦国時代”。増えすぎたグループや人員の淘汰が始まる中で、アイドルたちは生き残るため、バラエティ番組などで個性を発揮するのに忙しい。もちろんバラエティだけでなく、歌番組でも手を抜かない。そこではむしろ歌よりも、トークで頭角を現そうと頑張っている子もいる。たくさんいる同業者の中で視聴者の印象に残るように……というかテレビのディレクターの目に留まるために、少しでも長くカメラに映ろうと努力しているのだ。

 さて、そんなアイドルとしての努力をさりげなく生かして芸能界での居場所を確立しているのが、元アイドリング!!!の菊地亜美だ。もうアイドリング!!!から卒業したので正確には現役ではないのだが、彼女のアイドル時代から実践してきた 、“トークバラエティで必ずカメラに映るためにすること”が素晴らしい。

 まず、本人によると「立ったままトークの時は、努めてその日のゲストタレントの近くに立つ」ことが基本。ゲストは必ず司会者から話を振られるからだ。

 そしてトークの時、内容に共感できる部分が少しでもあったら「あー、わかるー」と言う。知らない話題だったら「えー、そうなんだー」と自分の声を挿し込む。カメラは声を出したほうに向いてくれるからだ。大切なのは、どんな話題にも黙って聞くだけのことはせず、必ず自分の声を入れること。また、相手のしゃべったことを繰り返して自分もしゃべる“オウム返事”型トークも便利だという。例えば相手が「僕、焼き肉がすごく好きなんですよ」と言ったら、「そうなんですか」じゃなく、「わあ、焼き肉が好きなんですか」と、ほぼ同じセリフで答える。このとき、「僕、焼き肉が好きで週3回くらい食べに行くんです」ときたら、「週3回焼き肉を食べに行くんですか!?」と、同じことを順番変えただけの言い方で返事をするのもいいらしい。よく考えると、この方法は自分が目立つというよりも、トークを盛り上げるコツのようなもの。しかも視聴者の頭の中に情報がしっかり入ってくる。これはディレクターとしてもありがたい技だよな。

 さらにワイプで映っている時に、表情を出すことはもちろん、すごいと思う内容の時には指先だけで拍手するという。ここで大切なのは、“指先だけ”という部分。普通に拍手をすると、どんなに軽くしても音が出てしまう。すると自分のピンマイクが音を拾ってしまい、迷惑がかかる上に、そこで音声を絞られてしまう。絞られた音声は、すぐには上げてもらえない。そこで指先だけ軽く合わせる形の拍手にすると、見た目は拍手でも音が出ないというわけ。菊地亜美、天才か!

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング