USJ×きゃりーぱみゅぱみゅに失笑! 世間からズレまくりの新アトラクション発表

日刊サイゾー / 2015年9月17日 20時30分

写真

 大阪最大のテーマパーク『ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)』公式サイトにて、かつてないほど衝撃的な告知がなされた。

 USJは16年に「ユニバーサル・クールジャパン2016」と題したイベントを開催予定で、今年は「新世紀エヴァンゲリオン」「バイオハザード」「進撃の巨人」などのアトラクションが期間限定で登場したことで大きな話題となった。来年はこれら4アトラクションに加えた新たな企画が登場すると発表されたのだが……。なんとそれが歌手のきゃりーぱみゅぱみゅのアトラクションというのだ。

 特設サイトでは、巨人やゾンビなどいかめしい顔に並んできゃりーの写真が掲載されているのが確認できる。詳細は明らかになっておらず、まだ「きゃりーぱみゅぱみゅが生み出す音楽やファッションが放つ“摩訶不思議な世界”にすっぽりと包み込まれながら、(略)未だかつて誰も経験したことがない疾走感に大興奮」というコンセプトのみが判明しているに過ぎないが、すでにネット上では落胆と非難のオンパレードだ。

「告知された瞬間からネット上のそこかしこで疑問を呈するコメントが乱立。『USJもネタ切れ』『パーク全体のコンセプトはないのか』『方向性がおかしい』というUSJそのものへの批判や、『本人も断れよな』『需要ないだろ』『人気低迷で安売りか』などきゃりーへの非難も見て取れます」(記者)

きゃりーの紹介文にも「日本を代表するアーティスト」と記載されているが、さすがにこれは失笑ものだ。今回のUSJの選択は、世間の認識から何から何までズレまくっている。

「今年の『ユニバーサル・クールジャパン』は、日本の人気アニメやコンテンツをふんだんに盛り込んだ構成で全体の評価は非常に高かった。しかし、特に注目された『進撃の巨人・ザ・リアル』は巨人や登場人物のマネキンが並んでいるだけの質素なもので満足度は散々と、企画の全てがうまくいったわけではない。16年も同じ成功を狙っているようですが、“落ち目”ともささやかれるきゃりーのアトラクションだけ『開店休業状態』となる可能性は十分にあり、エリア全体の価値も下がるかもしれない。彼女からは特に“クールジャパン”も感じられませんしね」(同)

 昨年夏に人気映画『ハリー・ポッター』エリア導入で低迷していた業績がV字回復したUSJだが、再び“迷路”に入ってしまったということだろうか。そしてまた、きゃりーぱみゅぱみゅも仕事の間口を広げる上で迷走している感が否めない。

 14年、当時交際していたバンド「SEKAI NO OWARI」のFUKASEとのUSJデートをスクープされたきゃりー。今回の新アトラクションを見越していたわけではないだろうが、妙な縁はあるのかもしれない。今のところ、USJも彼女もマイナスな印象しか抱かれていないが、かけ合わせてプラスに転じることはできるのだろうか……。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング