フジテレビ“ポスト・カトパン”は宮司愛海だけじゃない! 同期入社“ミス慶応”が有力候補に急浮上

日刊サイゾー / 2015年10月27日 13時0分

写真

 フジテレビのエース女子アナである、カトパンこと加藤綾子アナの退社騒動。最近ではひとまず収束した気配を見せるが、加藤アナほどの人気女子アナがこのまま局アナに収まるかどうかは、はなはだ疑問だ。その意味で、フジとしては早急に“ポストカトパン”の育成に力を注ぐ必要があるだろう。

 それを意識したのか、今年度は3人の新人女子アナを採用。昨年は、永島優美アナ1人だったことを思えば、相当な力の入れようだ。

 その中で、早くも“ポスト・カトパン”として注目を集めているのが、「ミスサークルコンテスト2010」「早稲田コレクション2011」でグランプリを受賞している宮司愛海アナ。容姿は加藤アナ同様、美貌とかわいさを兼ね備えたアイドルタイプだ。10月16日にスタートした新番組『さまぁ~ずの神ギ問』(金曜深夜1時25分~)で、新人ながらMCに抜擢され、無難に大役をこなす大物ぶりを見せつけている。

 だが、宮司アナには強力なライバルが存在する。それは、同期入社の小澤陽子アナだ。慶應義塾大学環境情報学部出身の彼女は、「ミス慶應2012」グランプリに輝いており、その経歴は宮司アナと遜色ない。

 高校時代に1年間、オーストラリアに交換留学。大学時代には、インターンシップでシンガポールに半年間留学した経験があるため、英語が堪能で、TOEICは850点。これは、海外取材などで、後々大きなセールスポイントになりそう。

 ルックスはまさに正統派美人で、若き日の小島慶子アナ(元TBS)を彷彿させる美貌の持ち主。167センチの長身、そして美脚で、モデルになってもおかしくない体形だ。今年7月に『プロ野球ニュース』(CS放送フジテレビONE)でデビューすると、“美人すぎる女子アナ”として、ネット上が騒然となった。

 同局では9月下旬、研修を終えた新人アナの現場配属を決定。小澤アナは宮司アナと日替わりで、朝の情報番組『めざましテレビ アクア』(月~金曜午前4時~)で天気を担当。宮司アナが月~水曜、小澤アナが木~金曜に出演。その後の『めざましテレビ』(月~金曜午前5時25分~)にも、2人は『アクア』と同じ曜日の振り分けで登場している。

「出演日数は宮司アナが1日多いのですが、同じ番組に配属し、同じパートを担当させているあたり、2人のライバル心をあおる同局の意図が見え隠れします。現段階での期待度では宮司アナが上と思われますが、今後、小澤アナが同じ土俵で、どこまで巻き返せるか注目です」(女子アナウオッチャー)

 小澤アナは不定期出演だった『プロ野球ニュース』もレギュラーとなり、日曜のMCを務めている。残念ながら、地上波ではないが、野球ファンの女神となる可能性も十分。唯一の不安点は、野球担当であるだけに、女子アナ好きのプロ野球選手が手を出してこないかだが……。

 アイドル系の宮司アナか、モデル系美女の小澤アナか、視聴者の好みも二分しそう。ただ、アナウンサーである以上、ルックスだけではなく、番組を仕切る能力にも長けていなければならない。現状では宮司アナがほんの一歩リードした感があるが、小澤アナも“ポスト・カトパン”の有力候補であることに変わりはない。

 果たして、激しい出世レースを制するのはどちらになるのか?
(文=黒田五郎)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング