のん(能年玲奈)が「ワルイちゃん」グッズ展開も、酒井法子の「のりピーちゃん」に激似!? 丸い顔に毛が3本で

日刊サイゾー / 2016年11月11日 17時0分

写真

 能年玲奈改め女優ののんが手掛けるオリジナルキャラクター「きいろいワンピースのワルイちゃん」のグッズが今月より、全国のショップで販売されることがわかった。

 グッズは、Tシャツ(3,800円)、スマホカバー(2,000円)、スポーツタオル(2,500円)、ノート(2,000円)など10種以上(税別)。先行発売される20日には、2,000円以上の購入者を対象に、のんとの「ハイタッチ会」が行われるという。

 なお、グッズにプリントされたキャラクターは、いたずら好きの女の子「ワルイちゃん」、ワルイちゃんが被っているアフロ「ジェニファ」、ワルイちゃんの妹「三坊(さんぼう)」、ワルイちゃんの子分「ぐりずりぃ」、猫の「ねっこ」の5種類。9月から「LINEスタンプ」が販売されており、ファンにはすでに知られているようだ。

 ネット上では、ファンが「のんちゃんに会える!」「ハイタッチするためには、何時にお店に並べば!?」と沸く一方で、「全部見たことある感じのキャラ……」「相変わらず、小学生のお絵かきレベル」「タレントパワーがないと売れないだろ」という声も目立ち、万人受けするキャラクターとは言えなさそうだ。

 また、「のりピーちゃんが紛れてるんだけど」「完全にのりピーちゃん」「昔、シャーペン使ってた。懐かしい」といった声も目立つ。

「ワルイちゃんの妹の『三坊』が、女優の酒井法子が中学時代に生み出した『のりピーちゃん』にそっくり。どちらも顔がまん丸で、脳天には三本の毛、針金のような手足が生えています。酒井はアイドル時代、芸能活動のほかに“さかいのりこ”名義でイラストレーターや漫画家としても活躍。グッズは酒井のタレントショップ『NORI-P HOUSE』などで販売され、1980年後半に一世を風靡。書籍化やアニメ化のほか、2003年には絵本化もされ、酒井は逮捕される数年前まで、10年以上にわたり展開させていました」(芸能記者)

 のんといえば昨年1月、個人事務所“株式会社三毛andカリントウ”を魅力開発トレーナーの滝沢充子氏と設立。当時契約していた“レプロエンタテインメント”には無断であったため、改名を余儀なくされるほどの大トラブルに発展した。

「独立騒動時、“三毛andカリントウ”について滝沢氏は『能年が描いた絵や、グッズなどを販売する会社』だと弁明していましたが、のんはレプロ時代からキャラクターグッズの制作に意欲的。今回、それが叶った形だが、一方でレプロとの話し合いは進んでおらず、レプロは納得していない意を示すため、いまだに能年のファンクラブを運営している。ちなみに、レプロのサイトでは、能年のオリジナルキャラクター『うにちゃん』の携帯ストラップがいまだに販売されています」(同)

 女優としてはまだ完全復活とはいかないものの、クリエイターとしては前進中ののん。賛否両論の「ワルイちゃん」は、「のりピーちゃん」ほどの支持を集められるだろうか?

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング