西内まりやの精神状態が心配……フジ“月9”キャスト発表も「深夜ドラマかよ」「ショボイ」とフルボッコ

日刊サイゾー / 2017年1月6日 0時0分

写真

 西内まりやとflumpool・山村隆太が出演する“月9”ドラマ『突然ですが、明日結婚します』(フジテレビ、23日スタート)の残りのキャストが発表された。

「何せギリギリまでキャストが決まらなかったため、撮影はもちろん、何もかもがバタバタ。出足が遅かった分、宣伝部は大急ぎでPRを展開しています」(芸能関係者)

 今月スタートの月9といえば、半年前から主演は竹野内豊で決まっていたものの、竹野内側の申し入れにより、立ち消えに。企画は振り出しに戻り、大慌てでキャスティングしたのが、スケジュールの空いていた西内と、演技未経験の山村だった。

 また、今回、新たに発表されたキャストは、沢村一樹、山崎育三郎、杉本哲太、山賀琴子、鍵本輝(Lead)、加藤諒、中村アン、岸井ゆきの、古舘寛治、石野真子、葉山奨之。今ひとつ派手さに欠けるためか、ネット上では「深夜ドラマみたい」「なんかショボい」「月9俳優のレベル、下がりすぎ」といった声が相次いでいる。

「竹野内が所属する研音が穴埋め的に送り込んだ俳優を中心に、他は断らなさそうな俳優をうまくかき集めてきたなあという印象。それより気がかりなのは、西内の精神状態。西内が所属するライジングプロダクションは、稼ぎ頭だった安室奈美恵が抜けてからというもの、西内をさらにゴリ押し。近年の同プロは、タレントの売り方にことごとく失敗していることもあって、西内にかかる重圧は相当のもの。さらに、良くも悪くも注目される月9主演となれば、世間の声に耐えられるかどうか……」(同)

 モデルや歌手としても活躍する西内だが、“器用貧乏”と揶揄されることも多い。案の定、月9主演が発表されてからというもの、「すべてが中途半端で、何屋さんかわからない人」「中高生には人気あるんだろうけど……ピンとこない」など、ネット上には辛らつな声が飛び交っている。

 そんな世間の評価を受けてか否か、西内自身、今回の抜擢について「(月9は)演技を始めてからは一つの目標でもあり、遠い存在だった」と控えめにコメント。どこか「月9の器ではないことは、わかっている」とでも言いたげだ。

「プロデューサーは、『今回は特に、月9ラブストーリーを担う男女二人のキャスティングは攻めの姿勢で臨みたいと思っていた』などとコメントしていますが、“結果的に”攻めの姿勢になってしまったことは、視聴者にもバレバレ。放送開始後、このキャスティングが必然であったことを証明できるといいですが……」(同)

 早くも「大コケ確実」といわれている同作。月9史上最低視聴率を記録した『ラヴソング』を下回るような事態にならなければいいが。

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング