元乃木坂46だけじゃない!? 女子アナ界“コネ入社”事情「10人いたら、9人が……」

日刊サイゾー / 2017年2月19日 19時0分

写真

 サイゾー読者のみなさん、こんにちは! 表向きには絶対に出来ない挨拶をしたところで、今回は時事ネタでとのお題から、先日日本テレビにアナウンサー入社内定と報じられたアイドルちゃんについて。乃木坂46の市來玲奈さん、正直存じ上げませんが、ネットでは「コネ入社!」との批判が殺到中とのこと。私たち側からすれば、こんなの批判もクソもないのですが、今日はそのへんをほじくり返してみましょう。

 よく初対面で、微妙に業界かぶれのクズ(暴言)から「結局女子アナってコネ入社なんでしょ?」とドヤ顔されるものですが、ここでハッキリ言っておきますけど、女子アナのコネ入社率は90%前後(ナカムラ調べ)です! 10人いたら9人、下手したら10人が、家族や経歴など何らかのプラスアルファを持ち合わせています。女子アナ同士の会話でよく出る決めゼリフは「同期でコネ無し採用だったのは私だけ(ドヤ顔)」。これ、女子アナ全員が心のなかで「あるある!」と叫ぶと思います。

 このネット社会、フミヤートの息子とか、ちょっと変わり種がアナウンサー採用されたと報じられるや、一斉にコネ批判が噴出しておりますが、こちら側からすれば、もはやコネじゃない方が異端児です。各局の人事の方が、どういう方法でスカウト、つまりは青田買いを行ってるのかは知りませんけど、私の後輩は大学1年生の時点で内定もらってました。自慢げに「ナイショだよ?」とか言ってて、みんなハイハイって感じで生暖かく見ていましたが、どうやらマジだったようで。彼女は現在フリーで、もはや一流芸能人然として大活躍してやがります。

 で、在学中は局からの内定をもらった後、敢えてミスコンに出場して入社後用にハクをつけておくと。女子アナ1年生の肩書がほぼ「ミス○○グランプリ」なのは、こういうカラクリです。

 前回も少し書きましたが、女子アナの採用率は数千倍と言われていて、さらに9割がコネと考えると、実力採用者はもはやミラクルです。人事の人に聞いた話ですが、数千以上の応募書類をいちいちチェックなどせず、学歴と顔写真で“論外”を省いたあとは、履歴書を床にぶん投げて、遠くに飛んだ15枚の内から選んでいくのだとか。

 ここまで言っといてアレですが、私自身は残りの1割、実力採用だと思っています。特にスカウトもなかったし家庭もごく普通、アナウンサーを目指し始めたのも成人してからだし、スクール時代もぼっちだったし(これは関係ない)。当時をちょっと思い出してみましょう。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
日刊サイゾー

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング