「新しい地図」のジャニーズ横槍対策は“ヤリ逃げ”!? 香取慎吾『ボクらの時代』告知が直前だった理由

日刊サイゾー / 2017年11月27日 19時30分

写真

 26日放送のトーク番組『ボクらの時代』(フジテレビ系)にジャニーズ事務所を退所した元SMAP・香取慎吾が出演。またもや直前のアナウンスとなり、ファンの間でよからぬ疑惑が浮上している。

 同放送で香取は、公私共に親交の深い俳優・山本耕史やキャイ~ン・天野ひろゆきと共に“仲良しトーク”を展開。結婚の話題では、山本から「結婚とか考えたことないの?」と聞かれた香取が「結婚します!」と即答。お相手については語らなかったものの、「結婚しない(という選択)はないかな。もう40(歳)だし、するんじゃないかと思う」「来週いきなり結婚ということはない。でも結婚はしたい」とぶっちゃけて笑いを誘うなど、ジャニーズ時代には考えられない自由な発言が次々と飛び出した。

 終始、リラックスモードで話す香取に対し、ファンから「楽しそうな慎吾くんが見られて嬉しい」「やっと自分の言葉で発言できるようになったんだね!」と喜びの声が相次ぐ一方で、ある臆測も……。

「『ボクらの時代』は、番組の最後で次回の予告映像を放送するのが通常。しかし、この回に限っては、出演者の名前が放送2日前まで伏せられていた。あまりの不自然さに、『ジャニーズ事務所からの横槍を避けるためでは?』と疑う声が飛び交っています」(芸能記者)

 先月24日には、元SMAP・稲垣吾郎が情報番組『5時に夢中!』(TOKYO MX)にコメンテーターとして初出演。ジャニーズ事務所退所後、初となる生出演だったが、これがアナウンスされたのは放送当日だった。

 また、今月22日に行われた『GQ MEN OF THE YEAR 2017』授賞式に、香取、稲垣、元SMAP・草なぎ剛が受賞者として登壇したものの、マスコミに取材の案内が届いたのは前日。さらに、24日発売号の「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の表紙を香取、稲垣、草なぎが飾ることも、授賞式の案内と同時に情報解禁された。

「『GQ MEN OF THE YEAR 2017』のスポンサーには、世界的ブランドのティファニーが付いている。ここまで大規模なイベントが前日にアナウンスされることなど、ありえない話で、ジャニーズ事務所がメディアに圧力をかける時間を作らないようにしたと考えるのが自然でしょう。3人のバックに付いている元SMAPマネジャーの飯島三智氏は、ジャニーズ事務所のやり方をよく知っているからこそ、この“ヤリ逃げ”的な戦法が有効と判断しているのでは?」(同)

 それでも、日本テレビやフジテレビの情報番組は、『GQ MEN OF THE YEAR 2017』授賞式について、あたかも退所組3人がそこに「居なかった」かのように報じていた。そんな苦境の中、退所組はどこまでジャニーズ帝国の脅威に屈せず、活躍できるだろうか?

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング