出川哲朗が『アメトーーク!』で唐突にブッ込んだ“品川上げ”の企画 スケジュールを真っ黒にする方法を伝授か!?

日刊サイゾー / 2018年4月29日 14時0分

写真

 出川哲朗は、感激屋だ。自分が受けた恩は忘れない。胸を熱くしつつ、それらをエピソードトークとして披露することも多い。

 有名なのは、『恋のから騒ぎ』(日本テレビ系)での出来事だろう。司会の明石家さんまに“将来の目標”を質問されたメンバーが「2流タレント、2流のトップ!」と返答し、続けてさんまに「2流って誰なの?」と問われるや「出川さん!」と即答。すかさず、さんまが「(出川は)1流や、アホ!」とツッコんだ……というくだり。これをテレビで観ていた出川は号泣し「あの一言で頑張ってこれた」と述懐するのは、もうおなじみだ。

 松村邦洋との友情エピソードも、フリークスにとっては有名だ。松村が『笑っていいとも!』(フジテレビ系)に初出演した際、彼は得意のものまね芸で爆笑をかっさらっていた。なのに、最後に繰り出したのは出川のものまね。当時、出川はまだ無名のタレントだった。そんな状況で「出川さんのものまねします」と言っても伝わるわけがなく、結果、松村は大スベリする。

 これをテレビで観ていた出川は、松村に電話して「松っちゃん、チャンスだったのに何やってんだよ!」と激昂。しかし、松村は「僕は出川さんのものまね、完璧なんです。あとは、出川さんの売れる待ちですから」と返し、出川はまたしても号泣。

 上記は、いずれも当人(出川)不在のシチュエーションで起こった逸話だ。感激屋の出川にとって忘れられず、持ちネタとしても大好物な類の2つだろう。

 

■品川を賞賛し続ける出川

 

 4月26日放送の『アメトーーク!』(テレビ朝日系)で行われたのは「芸人持ち込み企画プレゼン大会」。各芸人が自ら発案した企画をプレゼンし、支持を得られた企画は実際に採用されるという試みで、「人見知り芸人」「芸人ドラフト会議」など、今までに数々の名企画を生み出している。

 今回、出川がプレゼンしたのは「ありがとう品川」なる企画だ。

「僕らボケ芸人からしたら、この人(品川祐/品川庄司)ほど、スタジオにいたら助かる存在はいないんですよ。この人がいるだけで、笑いが広がるんです」(出川)

 この日、出川は品川のプラスになる話を次々に繰り出していった。

「中岡(創一/ロッチ)にちょっと心配な企画があって、『どうしたらいいのかなあ?』と言ってたら、マネジャーさんから『大丈夫ですよ。今日、品川さんがいるから』って言われたって。別の芸人のマネジャーさんが信頼するくらいの人」(出川)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング