ジャニーズ“次の5人組”は誰だ!? TOKIO降板確実で「A.B.C-Z対セクゾ」の『ソリオ』CM争奪戦に

日刊サイゾー / 2018年5月8日 8時0分

写真

 山口達也の強制わいせつ事件(起訴猶予)を受け、TOKIOが出演していたCMは続々と放送中止になったが、そのひとつであるスズキの小型車「ソリオ」には、ジャニーズファンから早くも「後継グループ」への期待が持ち上がっている。

 同車のCMには、もともと同じジャニーズ事務所のグループ、KAT-TUNが2010年12月から長く出演してきたが、メンバーの脱退が相次ぎ、15年8月にTOKIOに変更されていた。

「ソリオは小型車ながら軽自動車ではなく、普通自動車なので5人乗りが可能というのが売りでした。そのため、起用するグループは5人組が適しているんですが、“5人でずっと安泰”というのが、なかなか難しい」とテレビ関係者。

 KAT-TUNが起用されたのは、赤西仁が脱退してグループが6人から5人体制になったときだった。以降、シングル曲「ULTIMATE WHEELS」など彼らの楽曲が続々とタイアップに使われていたのだが、誤算だったのはその後、メンバーの田中聖、田口淳之介が続々と脱退してしまったことだった。

「本来、田中が抜けて4人体制になった時点で交代すべきだったんでしょうが、スズキとジャニーズ側の交渉で、なんとか継続が決まっていたんです。でも、田口の脱退で3人組になってしまい、さすがに5人組のTOKIOに代えられました」(同)

 スズキ得意の軽自動車は4人乗りだけに、5人組のTOKIO起用は、改めて「定員5人」をPRできるものだった。実際、CMに対する世間の好感度が高かったのだが、これまた悲運なことに3年足らずで打ち切り状態に。ただ、ジャニーズファンの間ですっかり定着していた「ソリオは5人乗り」のキャッチフレーズから、早くも後続グループの起用を願う声が飛び交っている。

 1994年デビューのTOKIO、2006年デビューのKAT-TUNよりずっと若い5人組、11年デビューのSexy Zoneは、ファンが「本命」だと断言する。

「だってセクゾは、ジャニー喜多川さんが一番大事にしてきたグループって言われていますからね。いま単独ドーム公演をやるのが彼らの最大の目標になっているので、ここでソリオのCMが決まったら注目度が上がって夢に前進するでしょう。だからジャニーさんがプッシュするはずですよ」(30代女性ファン)

 ただ、12年デビューのA.B.C-Zも同じ5人組グループとあって、ファンもこれに対抗する。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング