木村拓哉&工藤静香の次女・Koki,、関係者が明かす「インターナショナルスクール“モテモテ伝説”」

日刊サイゾー / 2018年6月1日 11時0分

写真

 木村拓哉と工藤静香夫妻の次女、Koki,(コウキ)=光希(15)が、5月28日発売のファッション誌「ELLE JAPON」(ハースト婦人画報社)7月号の表紙モデルとして、華々しくデビュー。キムタクのいいところを引き継いだ、愛らしくも大人の色気を感じさせる姿が、話題騒然となっている。

「長女の心美ちゃんはこれまでに何枚か写真が流出していますが、光希ちゃんは、ほぼデータがなく、ネット上にはヒドいウワサやデマがまん延していました。それだけに、世間に与えたインパクトは大きかった。しかも、15歳にして身長170センチで、3カ国語を操り、作曲家として静香だけでなく、中島美嘉にまで楽曲を提供しているという、やりすぎとも思えるほどの無敵の高スペック。静香のプロデュースをうかがわせる話題作りもあってアンチも一気に増えているのが心配ですが、それ以上に未来を感じさせる逸材であることは間違いないのでは」(芸能記者)

 こんな子が同じクラスにいたら、果たしてどんな気分だろうか? 子どもを彼女と同じインターナショナルスクールに通わせていたという母親に、話を聞いた。

「心美ちゃんと光希ちゃんのことは、もちろん学校内でも有名で、とても目立つ存在。光希ちゃんは、どちらかというとパパ似ですが、心美ちゃんはお母さんに似ています。性格的にも優しく穏やかなタイプですが、光希ちゃんは、どちらかというとクールで辛口。でも、あの美貌とスタイルですから、周りの男子からはとてもモテると評判でした」

 何人もの男子がLINEで告白したそうだが、その返しがいつもキレキレだったという。

「『そういう考えはない』とか『普通に無理だよね』など、ほとんどが一撃でピシャリだそうです(笑)。現在は都内の有名私立高校に通う心美ちゃんが、フラれた男子をフォローするようなシーンもよくあったそうですが、それでも学校での関係が険悪になったりせず、変わらず付き合えるカラッとした性格で、いつも周りには人が集まるタイプだそうですね」(同)

 性格もジャニーズ事務所の後輩から慕われているというキムタク譲りのようで、ファンはひと安心といったところか。

 華々しいデビューを飾っただけに、まずはその成長と仕事ぶりを、冷静に見守ってあげたいものだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング