木村拓哉不在の番宣で“共演NG”説再燃!? 『VS嵐』吉高由里子単独ゲスト出演にファンがっかり

日刊サイゾー / 2018年8月18日 10時0分

写真

 8月16日に放送された『VS嵐』(フジテレビ系)に、女優・吉高由里子が映画『検察側の罪人』の番宣を兼ねて登場。映画に出演した嵐・二宮和也との2ショットを披露したが、主演を務めた木村拓哉の不在にファンからはため息が漏れた。

 吉高は冒頭から「全然、番宣で来たわけじゃないんですけど」と茶目っ気を見せながら、二宮の横に並ぶと2人で息の合った番宣を展開。吉高が公開日を間違えるなどグダグダにはなりつつ、最後はお互いに「ぜひ、劇場でご覧ください」と声を合わせキメ顔を見せている。

 吉高の登場早々に宣伝を行ったものの、ネット上には「ニノと吉高ちゃんの掛け合いが面白かっただけに、ここに木村さんがいないのは残念」「キムタクにも登場してほしかった!」「木村拓哉と嵐のバラエティ共演ってNGなのかな……」といった声が続出。“キムタク不在”の番宣が、双方のファンにとって疑問を深める結果となった。

「木村の不在で改めて浮き彫りになったのが、“SMAPと嵐は共演NG”説。これは木村に限ったことではなくほかの元SMAPメンバーも同じで、例えば中居正広が司会を務める特番『音楽の日』にこれまで嵐が出演したことはありません。『検察側の罪人』映画化で木村&二宮の共演というニュースが駆け巡った際には、ファンから『ジャニーズの歴史が変わる!』『これを機にバンバン共演してほしい』と期待の声が溢れ返ったほどでした」(芸能ライター)

 木村のゲスト出演は叶わなかったものの、二宮と吉高が映画撮影時の裏話を披露。吉高は「木村さんと二宮さんずーっとしゃべってて」と明かし、二宮は昼食代を賭けたじゃんけんで負けて「絶対払いたくない」と愚痴っていると、木村が支払いを済ませていたエピソードを明かしている。

「木村&二宮の共演にまつわるトークは、6月17日放送のラジオ番組『BAY STORM』(bayfm)でも話題に。同日誕生日だった二宮に、サプライズで木村からボイスメッセージが届けられて大喜び。木村は二宮の演技を絶賛して、『安心させてくれる後輩』と表現していました。映画公開が控えているとはいえ、2人の共演エピソードはファンにとって非常に貴重なものといえます」(同)

 木村と二宮の共演をきっかけに“共演NG”の壁が崩れることになるのか、今後のジャニーズタレントの動向にますます注目が集まりそうだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング