『リーガルV』米倉涼子、“木村拓哉化”で着せ替え役者の仲間入り 『ドクターX』の魔力に抗えず

日刊サイゾー / 2018年10月12日 19時30分

写真

 米倉涼子が主演を務めるドラマ『リーガルV〜元弁護士・小鳥遊翔子〜』(テレビ朝日系)の第1話が11日に放送され、平均視聴率15%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と好スタートを切りました。

 かつて、大手法律事務所『Felix & Temma法律事務所』に勤務していた小鳥遊翔子(米倉)は、ある理由から弁護士資格を剥奪され海外へ逃亡。しかし、古巣への復讐を果たすべく帰国します。

 そして、弁護士資格があるものの実務経験がない元大学教授の京極雅彦(高橋英樹)を代表弁護士に立てて京極法律事務所を設立。若手弁護士・青島圭太(林遣都)らスタッフを次々とスカウトし、自分は管理人の名目で事務所に住み込みます。

 事務所立ち上げから間もないある日、会社員の安田勉(アンジャッシュ・児嶋一哉)が、電車内で女子大生・三島麻央(山谷花純)に痴漢を働き駅員にひっとらえられる現場に青島が遭遇。青島は安田に名刺を渡し、クライアントをゲットしたと喜び勇んで事務所へ戻ります。

 しかし、痴漢事件は無実を証明するのが難しく、公判を行えば依頼主の社会的地位や家庭の平穏を乱すことになる。おまけに大した弁護料も請求できないということで、小鳥遊はさっさと示談で解決するよう青島に指示を出します。

 ところが、安田が一流企業『君島化学』に勤め、300億円の価値があるバイオ技術の開発者であり、その特許出願の日に痴漢事件が起こったことを知ると、小鳥遊は目の色を変えて安田の弁護に乗り出します。

 事件が起こった電車やホーム、麻央が働くキャバクラや通い詰めているホストクラブを調査して回った小鳥遊は、得意の鉄道の知識を活かし、鉄道研究家として法廷に立つことに。そこで、毎日通学に使う電車にもかかわらず乗り換えに不都合な車両に乗っていたことや、途中下車できたはずなのに同じ車両に乗り続けたことなど、麻央の行動の矛盾点を指摘。すると、虚偽の証言をした罪の重さに苛まれた麻央が泣き崩れ、安田の無罪が決定するのでした。

 事件の裏にあったのは、安田の技術力の高さに嫉妬した同僚の陰謀。彼は50万円の報酬で痴漢をでっち上げるよう麻央に依頼したのでした。ところが、そのことを麻央がホストクラブでベラベラとしゃべってしまい、小鳥遊はその隠し撮り動画を脅しのネタにして、君島化学に損害賠償を請求。安田の無罪を勝ち取っただけでなく、大企業を手玉にとったところで今回は終了となりました。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング