木村拓哉、浜田雅功の『笑ってはいけない』出演オファーを快諾! SMAP解散後の健在ぶりアピールに必死?

日刊サイゾー / 2019年3月19日 9時0分

写真

 元SMAPのメンバーで、キムタクの愛称で親しまれるマルチタレント・木村拓哉。SMAPの解散以後もドラマや映画などで活躍する木村が、現在とある番組に出るのではないかと注目を集めているという。

 そのきっかけとなったのは、木村がパーソナリティーを務めるTOKYO FMのラジオ番組「木村拓哉 Flow」。3月17日に放送された同番組では、お笑いコンビ・ダウンタウンの浜田雅功をゲストとして迎えたが、この番組中に浜田が『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』(日本テレビ系)の恒例特番である『絶対に笑ってはいけない』シリーズへのオファーを行ったのだ。リスナーの「今まで最も過酷だったロケや撮影はなんですか?」という質問に対して答えた二人は、木村がTBSの『南極物語』のマイナス20度での撮影や、フジテレビのドラマである『プライド』でのホッケーの撮影を挙げた後、『絶対に笑ってはいけない』シリーズの話へ移行。木村が同番組の罰ゲームの一種であるタイキックについて「地味にいたそうですよね」と触れると、浜田が「あれも痛いねん。一応加減はしてくれているけど」と明かし、その後「お前出ろや!(中略)俺らが受けるより、お前が受けた方が面白いやん」と突然木村にオファー。「え? 俺? 俺がタイキック受ける方なんですか」と戸惑う木村に、「一緒に鬼ごっこでもええで。あれなら罰ゲームにタイキック入れられるし。黒子全員タイキックにして」と浜田がさらに提案し、木村は「それって地獄じゃん」と笑いながらも、「呼んでいただけたら、是非」と快諾したのである。

 この異例のオファーを快諾した木村に対し、ネット上では「キムタクがバラエティーに出ると接待になりがち」「笑いとれんの?」「プライド高いから無理でしょ!」と、木村のキャラ的に『絶対に笑ってはいけない』シリーズにそぐわないのではないかという声が多数。さらに「仕事を選べなくなったんだろうな」「紅白で被る心配なくなったからね」と、SMAPが解散したことで、こうした仕事も受けざるを得ない状況にあるのではという声も多く挙がっている。

「まあ、さすがにこれを是が非でも受けたい! というほどに余裕がないとは思えませんが……。ただ、やっぱり今の木村さんは、新たなキャラの開拓だったり、世間を驚かせたりすることで、SMAPが解散しても自分が健在だという事をアピールしたい部分はあるでしょうから、本当に出演するかもしれません。ただ、件のラジオでも木村さんが『俺は斎藤工みたいに器用じゃないんで』と触れた通り、2016年にサンシャイン池崎のキャラを演じきった斎藤工さんや、17年にますだおかだの岡田圭右さんの持ちネタであるハッピーボーイを完コピした滝藤賢一さんなど、ゲストが本気を出しまくるのがこの番組の持ち味ですからね。木村さんは、以前フジテレビで放映されていた『SMAP×SMAP』でコントもやってますし、本気を出せばかなりの笑いが取れるとは思いますが、中途半端になるとバッシングを受けることになりかねないんじゃないかと」(テレビ局勤務)

 はたして、木村は『絶対に笑ってはいけない』シリーズに出演するのか、そしてその中で振り切ることができるのか……。「ちょ、待てよ!」と視聴者が思うような展開にならないことを祈るばかりだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング