「あなたと、 コンビに」が結びつけた“隅っこ”コント師、かが屋の真実

日刊サイゾー / 2019年7月30日 14時0分

写真

お笑い第7世代と呼ばれる芸人の中で、最も「新しい」と呼ばれる2人、マセキ芸能社所属・かが屋。黒いTシャツの加賀翔と白いTシャツの賀屋壮也が、身近にありながら今まで誰も目を向けなかった「日常の中の非日常」をコントであぶり出す。ガツガツでもギラギラでもないけど、見据える未来はかなりデカい。令和、それは“隅っこ”コント師、かが屋が真ん中を歩く時代である。

 

***

――「第7世代」といわれる芸人さんたちの注目度がいま、急上昇しております。

加賀 第7世代という言葉のおかげで仕事をいただけて。

賀屋 本当にそうなんですよ。

――多くの芸人さんが「かが屋が面白い」と引き合いに出される現状については、どう思われますか?

加賀 ち、ちなみに具体的に誰が言ってたんですか?

――私が聞いたのは、ハナコの3人です。

賀屋 チャンピオンに……あぁ、うれしい。

加賀 信じられないけど、うれしい。

――考えてみたらお2人は、そういう賞的なものって……

加賀 はい、まったくないです。

賀屋 無冠中の無冠でございます。

加賀 決勝にすら行ったことがない。だからまだ、(世間の評価に)まったく追いついてないというのが実際のところです。いや、追いついてないというのも生意気なくらいなんですけど。

――まだ、あまり自覚はないですか?

加賀 どうにかこうにか、周りに引っ張ってもらってるというような。

賀屋 そうですね、本当に。

――「いま舞台袖に一番人が集まる芸人」という表現については?

加賀 ひとつだけ心当たりがあるというか……。全然ウケてなかった時に「声が小さすぎる」って言われてたことがあったんです。じゃあ、いっそのこと舞台上からまったく声がしてなかったら「何が起こってるんだ?」と思って芸人さんが袖に来てくれるんじゃないかと。

賀屋 あいつら何をしてるんだ? って。

加賀 静かにしてたらみんなが集まって……心配して集まってきてくれたという出来事があって。それから静かにできるネタってなんかないかなって、そういうことを試したりしてた時期はありました。芸人さんとかスタッフさんの印象に残ろうとしてましたね。もちろん、お客さんが一番ですけど。

賀屋 僕らと付き合いが長い芸人さんたちは「前は本当に声小さかったよね」って、みんな言います。

加賀 マジでそれはめちゃくちゃ悩んで、ひたすら腹筋してた時期とかありました。声を大きくするために。面白いネタ書くとか以前の問題……。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング