山田孝之の『全裸監督』が各方面から大絶賛! ピエール瀧の早期復帰を後押しも

日刊サイゾー / 2019年8月14日 21時5分

写真

 Netflixで限定配信がスタートされている山田孝之主演ドラマ『全裸監督』が、各所で話題となっている。

 AV監督の村西とおるの半生を描いた本橋信宏・著『全裸監督 村西とおる伝』を原作として、オリジナルの要素を加えた本作。ビニ本販売で一山当てたものの警察に摘発された村西(山田孝之)が、AV監督としてその名を轟かせていく、ピカレスクロマンだ。

「AV監督という特殊な職業におけるカリスマが、個性豊かな裏社会の人間たちを巻き込みながら挫折したり成り上がっていったりする物語は、海外で人気となっている犯罪ドラマに近い雰囲気があります。たとえば、『ブレイキング・バッド』や『ナルコス』といった海外ドラマであれば、ドラッグがテーマになっていますが、それをエロに置き換えることで、日本の社会にもしっかりフィットする作品になっていると言えるでしょう」(映画業界関係者)

 地上波のテレビドラマに比べて、潤沢な制作費を誇るNetflix。『全裸監督』でもその片鱗が伺える。

「歌舞伎町のセットを作ったり、実際に飛んでいるセスナ機の中でAV撮影のシーンを撮ったり、妥協がない作りは見ごたえがありますね。また、エロ表現についても、もちろん地上波では絶対にできないことをやっていて、作品としての深みも十分。日本のテレビドラマの歴史を変える可能性さえあると思いますよ」(同)

 村西とおる監督を演じた山田孝之はもちろん、伝説的AV女優・黒木香を演じた森田望智など、キャストの演技も高評価。なかでも、注目となっているのが、村西が所属する映像会社「サファイア映像」の社長・川田を演じた玉山鉄二だ。 

「玉山はNHKの朝ドラ『マッサン』で主演したこともある俳優ですが、『全裸監督』ではエロに対するこだわりが異常に強いマジメなキャラクターを演じています。イケメンイメージとはまったく異なる役どころで、まさに新境地です」(ドラマ関係者) 

 玉山と言えば、昨年Netflixで配信された『Jimmy ~アホみたいなホンマの話~』で、明石家さんま役を演じている。これは、淫行騒動で降板した小出恵介の代役だった。  

「スケジュールが大変な中での代役だったにも関わらず、こちらの演技も素晴らしかった。玉山はNetflixでどんどん株を上げています」(同)  

 ちなみに『全裸監督』には、コカインで逮捕され、いくつかの出演作が降板となったピエール瀧が、レンタルビデオ店の店長役で出演している。

「ピエール瀧はさすがにいい味を出していて、こちらの評価も高い。簡単に降板にしなかったNetflixの判断は大正解だったでしょう。この演技を見て“やはりピエール瀧を使いたい”と思う関係者は多いはず。俳優活動再開が早まってくる可能性もあると思います」(同)

 あらゆる要素で大絶賛を受ける『全裸監督』。一大ムーブメントが起きるのも時間の問題?

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング