miwa&萩野公介が電撃結婚、ビッグカップル誕生もなぜか祝福ムードにならないワケとは?

日刊サイゾー / 2019年9月3日 17時33分

写真

 リオ五輪で金メダルを獲得した水泳選手の萩野公介と歌手のmiwaが8月31日に結婚を発表したが、ネットを見る限り、お祝いムードには程遠い。令和のビッグカップルは、なぜ祝福されないのか?

 結婚のニュースは、東京五輪まで1年を切った8月31日に報じられた。水泳選手と売れっ子歌手とは異例の組み合わせだが、2人はどういったきっかけで出会ったのか。女性誌の記者がいう。

「2人は2016年10月に仕事先のNHKで出会い、萩野はツーショット写真をインスタに投稿して、『緊張しすぎて、何も話せなかった』とコメントしています。その翌年に2人はテレビ番組で共演して意気投合し、交際に至りました。双方の事務所は交際の事実を認めていて、miwaはすでに妊娠しており、今冬に出産予定とのことです」(女性誌記者)

 miwaは29歳で、萩野より4歳年上。東京五輪でもメダルが期待されるアスリートと、紅白出場4回という国民的歌手が見事に結ばれたわけだが、どうにも世間の風は冷たい。ネットニュース編集者が説明する。

「小柄で可愛らしく、歌詞も前向きな曲が多いmiwaですが、2017年に『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)に出演した際に大炎上しています。この時miwaは、映画の劇中バンドで坂口健太郎と共に出演しましたが、トークで手の大きさを比べるような流れに誘導し、坂口と手を合わせたため、女性ファンが激怒。それ以降、ネットでは彼女の名前を検索すると、検索候補に『あざとい』という単語が登場する状態が続いています」(ネットニュース編集者)

 一方の萩野は“本業”が不安だらけだ。リオでは4種目にエントリーして金・銀・銅3つのメダルを獲得した彼は現在25歳。水泳選手としてまさにピークの時期であり、五輪開催国日本のエースとして大活躍が期待されるが、実際には出場さえ危うい状況だ。週刊誌のスポーツ担当記者がいう。

「金メダルを取った個人メドレーのほか、自由形、背泳ぎ、バタフライも世界レベルの萩野ですが、2018年以降、深刻な不振状態に陥っています。今年2月には、400m個人メドレーで自己ベストから20秒近く遅れてゴールし、体調不良さえ囁かれたほどです。今回の報道ではmiwaの妊娠も判明しましたが、結果的にはその時期に愛を育んでいたことになるため、ネットにはそれを咎めるような書き込みも寄せられています。萩野は8月のレースで復帰しましたが、タイムは自己ベストには程遠く、五輪はおろか、日本選手権の表彰台に上るのも難しいタイムでした。萩野が東京五輪のメンバーから漏れるようなことになれば、どうしてもmiwaには厳しい視線が向けられることになってしまうでしょうね」(スポーツ担当記者)

 アスリートの妻が、夫の成績次第でバッシングの対象になるのは、過去の例が証明済み。紅白でも歌ったmiwaの代表曲『ヒカリへ』の歌詞のように、萩野は奇跡は起こせるか?

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング