錦戸亮の電撃退所で揺れるジャニーズ、水面下では長瀬智也とTOKIOと周辺に不協和音が!

日刊サイゾー / 2019年9月6日 12時5分

写真

 ジャニーズ事務所の人気アイドルグループ「関ジャニ∞」の錦戸亮が9月末日で、所属するジャニーズ事務所を退所することを同事務所が発表した。

 錦戸本人も5日、ファンクラブサイトで退所の意向を明らかにし、「僕なりの形で、僕なりのエンターテイメントとは何なのかを、改めて考え、これからも発信し、恩返しできるよう努めていきたいと思います。応援していただいた皆様には感謝の気持ちで一杯です」などと綴っている。

 錦戸のグループ脱退、事務所退所についてはかねてから業界内では噂されており、今春に「週刊文春」(文藝春秋)が報じたことで話題になっていた。

 同グループは3日に5大ドームツアー「十五祭」を終えたばかりだが、「ファンの間では、今回のツアーでの一部メンバーのMCやセットリストがまるでこれまでの『関ジャニ』の歴史を振り返るような内容だったことから、『ツアー最終日に何らかの発表があるのでは?』との憶測も流れていました。一方でツアー最終日の翌日にジャニー喜多川社長のお別れの会が催されることから、『さすがにそれはないだろう』との否定的な見方もあったのですが、結果的には“お別れの会”の翌日の発表となりましたね」(民放テレビ局情報番組スタッフ)

 今後は俳優業を中心にしたソロ活動が予想されている錦戸だが、他の芸能事務所のマネジャーはこう語る。

「NEWSを脱退し、関ジャニ∞の活動に専念した当初はグループに対する思いも強かったようですが、一方でソロでの俳優業への強いこだわりもあった。昨年に渋谷すばるさんが脱退した時点で、グループとしての活動に限界も感じていたのでしょう。それに、“赤西軍団”の一員としてプライベートで仲の良い赤西仁さんが事務所退社後、海外を中心に自由にアーティスト活動を行っていることに対しても、うらやましい気持ちがあったのでは」

 もっとも、今後の錦戸が前途洋々かというと、そうも言えない部分がある。

「渋谷さんや赤西さんのようなアーティスト活動であれば、今の芸能界は昔ほどのしがらみはないでしょうが、俳優業となると話は別。いまだにジャニーズ事務所は業界内に強い影響力を持っていますから。とくにテレビドラマや映画に関しては、各テレビ局、大手配給会社ともそれなりの“忖度”はするでしょうし、完全フリーで活動するのか、別の大手芸能事務所に所属するのか、今後の動向が気になるところです」(前出・芸能事務所マネジャー)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング