藤原紀香、サザエさん対決で天海祐希を一方的に敵視? 視聴率女王を格下扱いで共演NGも

日刊サイゾー / 2019年9月15日 7時0分

写真

 本人は絶対に負けられない戦いと思っていることだろう。

 今年10月、アニメ『サザエさん』(フジテレビ系)が放送50周年を迎える。さまざまなイベントが企画されるなか、注目を浴びているのが2人の女優バトルだ。

 東京の明治座では9月3日から、藤原紀香主演の舞台『サザエさん』を上演中で、アニメの10年後を描く内容だという。一方のテレビでは、11月24日にスペシャルドラマ『磯野家の人々~20年後のサザエさん~』(フジテレビ系)が放送される。こちらの設定は磯野家の20年後で主演は視聴率女王の天海祐希だ。

「奇しくも2人の女優がサザエさんを演じることになりましたが、より意識をしているのは紀香のほう。天海よりサザエさんをうまく演じられると自身満々です。彼女はミス日本に選ばれたのを機に、“リアル峰不二子”としてブレイク。特に代表作はありませんが、自分を大女優だと思い込んでおり、天海を格下と見ているフシがある。実際、某メディアが天海との対談を企画したところ、紀香のほうが断ってきたとも」(芸能記者)

 共演歴のない2人だが、紀香が天海にライバル心むき出しなのにはほかにも理由があるという。テレビ関係者が明かす。

「実は紀香は、ドラマ版のほうも自分が出るものだと勘違いしていたそうです。しかも、当初は片岡愛之助との夫婦共演という話も出ていたのが、いつの間にか立ち消えに。逆に天海のほうは、年明けの特番で第2弾が決定しているといい、扱いに差があることで不快感をあらわにしたとか。紀香の周囲にはピリピリしたムードが伝わってきているといい、今後、スタッフの忖度で天海とは共演NGになりそうな雲行きです」

 舞台とドラマでは宣伝力も違う。11月以降にドラマの番宣で出まくり、世間にサザエさん=天海のイメージが浸透すれば、紀香はさらに地団駄を踏むことになりそう?

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング