『Iターン』長すぎた膠着がようやく大爆発! ”覚悟”と”誤植”で救世主になったムロツヨシ

日刊サイゾー / 2019年9月20日 18時0分

写真

 9月13日に放送された『Iターン』(テレビ東京系)の第10話。これまでの2カ月強、ほとんどストーリーに進展のなかったこのドラマの溜めが一気に爆発した第10話だった。待たされ続けただけにカタルシスは大きいが、いくらなんでも膠着が長い!

第10話あらすじ 「覚悟って、もともとあるのではなく自分で作るものよ」

 岩切組に警察のガサ入れが入る。しかし、事務所から拳銃は見つからなかった。竜崎剣司(田中圭)は狛江光雄(ムロツヨシ)に「エス(スパイ)を続けてチャカの隠し場所を探れ」と命じる。狛江は抵抗したが「お前がスパイだとバラしてもいいのか?」と脅され、泣く泣くスパイを続けることに。

 宣告社の阿修羅支店でうなだれている狛江。心配した柳直樹(渡辺大知)と吉村美月(鈴木愛理)が話しかけると、狛江はいきなり頭を下げ、1カ月後の阿修羅支店閉鎖が決まった旨を発表した。

 その夜、スナック「来夢来都」を訪れた狛江を、ママの麗香(黒木瞳)が占った。狛江が引いたのは「戦車」のカード。これは「行動力」を意味している。

「うだうだ考えるより動いちゃえってこと! 覚悟ってさ、もともとあるんじゃなくて自分で作るものよ」(麗香)

 麗華の言葉で覚悟を決めた狛江は、岩切組の事務所に直行。桜井勇一(毎熊克哉)の救出に向かおうとする西尾誠次(塚原大助)に「僕も行きます。このままじゃ、堅気に戻れないです」と訴えた。チワワの昌三さんを抱えた狛江は、西尾たちの後を追った。

 街外れの倉庫にたどり着いた西尾たち。でも、この中のどこに桜井がいるかわからない。すると、昌三さんが嗅覚を頼りに桜井の居場所を突き止める。あとは突入して桜井を救い出すだけ。

 このとき、狛江は留置所にいる岩切猛(古田新太)のことがよぎった。桜井の身を案じる岩切が自白する前に、桜井の無事を岩切に伝える必要がある。狛江が思い付いたのは、翌日の新聞広告を修正して、岩切だけがわかるメッセージを掲載するという策だった。土沼印刷に急いだ狛江は「季節外れの桜が無事入荷しました! 1階 岩切生花店」という広告を作り、岩切に桜井の無事を伝えた。

 メッセージに気付いた岩切は自供せずに取り調べを乗り切り、留置所から釈放される。組長を出迎える岩切組の組員たち。ここで狛江は裏切ってしまったことを岩切に詫びようとするが、岩切は「何も言わんでええ。お前はわしの舎弟やないか」と一言。狛江がエスとして動いていたことを、岩切はお見通しだったのだ。岩切は「カチコミに行くぞ!」と舎弟たちに呼びかけ、全員で竜崎組の事務所に向かった。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング