安藤美姫、「同じ仲間として応援したい」モラハラ告発の織田信成に応援エールで大反響

日刊サイゾー / 2019年10月4日 17時37分

写真

 元フィギュアスケート選手の安藤美姫が、モラハラ告発で話題になっている織田信成にエールを送った。

 織田は母校・関西大学のアイススケート部監督を務めていたが、9月9日で退任。理由について織田はリンク内での嫌がらせやモラハラ行為があったことをブログで公表している。

 これを受け、安藤は2日にツイッターを更新し、「なるくん…」と、織田の愛称を呼びかけ「自分の言葉で発信する事にどれだけの勇気がいるか…」と、告発するに至ったその勇気を称えた。

 さらに安藤は「いろんな事情があるのはもちろんだけど いろんな事と闘ってるのも事実…」と複雑な事情に触れ、「なるくんが出した選択を同じ仲間として応援したいな…」と、織田を応援することを宣言。「まずはゆっくりしてね」と、エールを送っていた。

 この投稿に安藤のツイッターには、「仲間の窮地に声を上げてくれてありがとう」「声にしてくれて嬉しい」といった声が殺到。ネットからも、「少し複雑でややこしくなりそうな案件なのに、臆せず声を上げてくれてすごい」「いろいろ言われるけど、不器用ながらも人間味のある人だね」「立場的にあんまりコメントしない方がいいと思うのに、すごいと思います」と、称賛の声が寄せられていた。

 ネットからの好感度は決して高くない安藤だが、スケート仲間を思う気持ちに、いつもとは違う反応が集まっていた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング