第3のメンバー(?)ふくちゃんも大人気! 東京03も激推しする次世代コント「ゾフィー」の野望

日刊サイゾー / 2019年12月3日 12時12分

写真

「ネタの状況設定が本当に面白い。宝物みたいな設定」。コントのトップランナー・東京03飯塚悟史がそう、絶賛したコンビ・ゾフィー。『キングオブコント2019』では5位に終わったが、腹話術人形ふくちゃんで強いインパクトを残した。今や「若手コント界のフィクサー」と噂される2人は何を狙う?

――腹話術人形のふくちゃんが人気ですね。

上田 ありがとうございます。今、愛着が半端ないです。家に置いてあって、相方より会ってますから。

サイトウ そりゃそうだろうよ。

――今年の単独を見に行ったら、ふくちゃんのコント、群を抜いてウケていたような。

上田 あれはえぐいウケ方でしたね。

サイトウ 自分で言うもんじゃないよ。あのネタできたの、単独より少し前なんです。

上田 そうだ。単独が5月で、2月ぐらいに設定を思いついたんです。でもちゃんと練習したほうが面白いと思ってすぐには出さず、まずはいい人形を探しました。でも腹話術人形のパンフレットを見たら、20万円ぐらいで値段高いし、結構笑いを取りに行ってる顔だったんですよ。あの会見の設定にはフラットな顔がいいということで、相方に探してくれと頼んだら……。

サイトウ メルカリにたまたま出てきたんです。見た瞬間、「これだ!」と。

上田 「この子は売れる」。

サイトウ 売ってくれた方によると、受注生産の一点もので出し物で2回ぐらい使っただけらしくて、「可愛がってください」という話でした。コントの小道具としては高価でリスク高かったです。でも、練習中からずっと面白かったもんね。

上田 いっこく堂さんのyou tube見て、独学で研究したんですよ。結局、口動かすのだけはうまくならなかった。

サイトウ あまりうまくなられてもね。独り立ちされたら困るんで(笑)。

――ライブでは、かなりの頻度でかけてませんでした?

上田 めちゃくちゃやりました。そもそも単独ではネタ時間が13分あったんです。賞レースは5分で一気には削れないから1分ずつ削って、12分、11分……。そうしたら8分から7分にした時、ウケが減ったんです。それからは7分50秒、7分40秒……と10秒ずつ刻んで、なんとか5分にしました。

――今、元の13分にできます?

上田 むしろ20分できます。最初はしゃべらないフクちゃんが途中からしゃべりだして、その後の展開もあるコントだったんで。

――第2弾も考えてるんですか。

上田 難しいのは、これから第2弾、第3弾と作っていくと、スター性がすごいんでいよいよ正式加入させないといけない(笑)。そのうちブルゾンちえみwithBみたいな……。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング