嵐・大野智の“不毛な俳優の才能”『鍵のかかった部屋』ヒットも続編が作られなかった理由

日刊サイゾー / 2020年6月8日 14時0分

写真

 大野智はなぜドラマに出ないのか?

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、フジテレビの月9ドラマ『SUITS/スーツ2』が放送中断を余儀なくされた。これを受け、現在代わりに放送中なのが嵐・大野智主演の『鍵のかかった部屋 特別編』だ。このドラマは2012年に放送された本格ミステリーで、平均視聴率16%という高い視聴率を叩き出したヒット作だ。

 嵐において、俳優業が盛んなのは二宮和也と松本潤のように思われるが、実は大野こそ隠れたヒットメーカーなのである。当時『鍵のかかった部屋』の前クールに放送されていたのは松本潤主演の『ラッキーセブン』だったが、こちらは平均視聴率15.6%。僅かとはいえ大野主演作のほうが数字を獲得している。テレビ局社員の話。

「確かに、大野さんは数字を持っていると評判です。もちろん二宮さんと松本さんも申し分ないけど、大野さんはなんたって圧倒的にコスパがいい。『鍵のかかった部屋』も『ラッキーセブン』より少ない予算で作って当たったそうですよ。局内でも続編や映画化の企画が持ち上がったけど、ジャニーズ側が難色を示したみたいですね。大野さんは、『怪物くん』(日本テレビ)とか『死神くん』(テレビ朝日)とか、ちょっと変わり種な役もバッチリはまる。これは役者として特異な才能だと思うけど、出演作が少なくてもったいないですよね」

 大野の連続ドラマ出演は16年の『世界一難しい恋』(日本テレビ)が最後。こちらも平均視聴率12.9%と、悪くない数字だった。にもかかわらず、二宮や松本に比べドラマ出演が圧倒的に少ないのである。これだけ数字を持っているのに、大野のドラマ出演が続かないのはなぜなのか? 大手芸能事務所スタッフはこう声を潜める。

「17年に公開した大野主演の映画『忍びの国』が大ヒットを記録した。“忍者モノ”ということで、正直業界の期待値は高くなかったのに、蓋を開けたら興行収入25億円を叩き出す結果に。これをきっかけに大野の訴求力が改めて評価され、主演映画やドラマの企画が何本も立ち上がったといいます。しかし、ジャニーズサイドはどれも受け付けなかった。表向きは『作品を吟味している』ということだったけど、どうも大野本人が『もう芝居の仕事はやらない』とこぼしていたそうです。嵐の活動休止も大野が芸能界引退を希望したことがきっかけだと言われていますが、映画がヒットしてもモチベーションを上げる材料にはならなかったようですね」

 才能に恵まれているのにヤル気がないとは、なんとも不毛な話だ。しかし、『鍵のかかった部屋』のように、何度見ても面白いと思わせる作品を残せたことは大野にとって大きな財産になるのではないだろうか。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング