福原愛が大豪邸を公開! 広大なリビングにお城のようなダイニング…そのセレブぶりにファンも興奮

日刊サイゾー / 2020年7月10日 15時0分

写真

 2018年10月に卓球界を引退した福原愛は、台湾人の夫との間に2人の子どもをもうけた。引退後は、バラエティ番組への出演やフォトエッセイの発売、CM出演など活躍の場を広げている。

 すっかり中国でも人気者になった福原だが、最近は新型コロナウイルスの影響から、自宅での食事風景などを頻繁にSNSに投稿している様子。さらに、その家の様子に中国ファンたちから「豪邸すぎる」と羨望の声が寄せられているようだ。

 新浪網(6月25日付け)は、福原が6月24日に投稿した写真について報じ、「豪邸すぎる福原の自宅」と、驚きをもって伝えている。記事によるとこの日、福原は自宅のリビングでゲームをする夫・江宏傑の姿をSNSに投稿し、夢中のあまり足の親指が上に向いてしまっている夫について「足がつりそう!」と、コメントした。

 しかし、ネットユーザーたちの視線は夫の足の指ではなく、自宅のリビングに釘付け。SNSのコメント欄には「リビング広すぎる! 愛ちゃんの自宅は豪邸だ」「愛ちゃんの家のテレビ、画面がすごい大きい!一体何インチあるんだろう?」「台湾でこの規模の高級マンションなら数億円はくだらない」などの声が多く寄せられているのだ。

 実は福原の自宅については以前、台湾のバラエティ番組で、キッチンの様子が公開されたことがあった。この時の映像では、10帖以上の広いキッチンに、シンクが2つ以上映っており、ネットユーザーからは「まるで高級レストランのキッチンのようだ」と評判だった。

 さらにこの時、ダイニングの風景も公開されていたのだが、一般家庭ではまず見ることのない大きな回転式丸テーブルや、棚の上に飾られた油絵、鮮やかな西洋食器の数々が確認でき、その様子からはセレブな生活が垣間見ることができる。

 台湾の地元メディアは、福原の現在の年収について、少なくとも3775万台湾ドル(約1億3000万円)はあり、主に広告出演などで稼いでいると伝えている。

 これまで“理想の夫婦”としてメディアに登場してきた福原だが、今後はセレブ売りを開拓していくのもありのようだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング