血税をばら撒く安倍政権、自民党の議席を減らさないと国民生活はますます苦しくなる!?

日刊サイゾー / 2020年7月13日 21時0分

写真

今週の注目記事・第1位「綾瀬はるか、韓流タレント誕生日直前の極秘焼肉デート-本誌が撮った熱愛」(『フライデー』7/24号)

同・第2位「綾瀬はるか『4年愛』売れない韓流俳優に『私と結婚しなさい』」(『週刊文春』7/16号)

同・第3位「日本経済と世界経済/日経も書き始めた『預金封鎖』の現実」(『週刊現代』7/18号)

同・第4位「こんな時に『富士山』が危ない!?」(『週刊新潮』7/16号)

同・第5位「異形国家『中国』の『人権弾圧・膨張主義』―-香港だけではない!」(『週刊新潮』7/16号)「『香港の次は沖縄』“暴虐中国”を阻止せよ」(『週刊文春』7/16号)

同・第6位「コロナ第二波元凶は小池百合子の二枚舌」(『週刊文春』7/16号)「『第2波パニック』の作られ方」(『週刊新潮』7/16号)

同・第7位「日本経済と世界経済/投資の神様『コロナ後の経済をすべて語ろう』」(『週刊現代』7/18号)

同・第8位「電通〈幽霊法人〉トップに依頼していたセコい隠蔽工作」(『週刊文春』7/16号)

同・第9位「『原監督』タニマチの『東京ドーム野球賭博』」(『週刊新潮』7/16号)

同・第10位「男性共演者が告白『テラスハウススタッフが胸をさわれ』」(『週刊文春』7/16号)

同・第11位「世界最大の三峡ダムに『ブラックスワン』が迫る」(『ニューズウイーク日本版』7/14号)「集中豪雨九州、四国、東海がなぜ危ないのか」(『週刊文春』7/16号)

同・第12位「点滴1本で4万円! 新型コロナ『治療薬』が高すぎないか」(『週刊ポスト』7/24号)

同・第13位「安倍、西村のゴリ推しで『メンタルが破綻した』コロナアプリ開発者」(『週刊文春』7/16号)

同・第14位「『夜の街』ホスト・キャバ嬢の言い分」(『週刊文春』7/16号)

【巻末付録】現代とポストのSEXYグラビアの勝者はどっちだ!

 今週から現代の編集長が石井克尚に替わった。

 編集後記「音羽の杜から」で、交代にあたってどんなことを書くのかと期待して読んだが、どうということはなかった。

 次期編集長は彼だと思っていたから、気負いがなくていいとは思うが、もう少し意気ごみを聞きたかった。

 剛毅な人間だから、やってくれるだろうと思うが、最大の難関は、歴代編集長が悩んできた、上からの誌面介入問題だろう。

 雑誌は編集長のものだ。社内の雑音などに耳を貸すことはない、とは思うが、そこは組織内サラリーマン編集長だから、社を辞めるくらいの覚悟がなければ、なかなか難しかろう。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング