都知事選・小池当選の裏で“勝った”のは結局自民党、解散総選挙は秋? 立民凋落で維新が野党第一党に!?

日刊サイゾー / 2020年7月15日 10時0分

ーーしかし、枝野氏は消費税減税には消極的な姿勢を見せています。

中島 民主党時代、消費増税の際に経済産業大臣を務めていましたからね。しかし、コロナ禍が巻き起こったことによって、今なら「かつてとは状況が変わった」という理屈が立ちます。「消費税を5%に下げる」と言えば、それを唯一の条件と掲げているれいわ側は立憲と握手せざるを得なくなる。そうすれば、れいわによる既成野党批判はトーンダウンし、立憲にとって大きなメリットになります。

 ただ、これはあくまでも最低ラインの話です。それすらもできなければ、次の総選挙はリベラル側にとって壊滅的な結果となるでしょう。

ーーこれまでのように、反アベを掲げるだけでは不十分なんですね。

中島 「アベ政治はNO」と言うだけでは、維新と票が割れてしまい「吉村のほうがいい」となってしまいます。それを回避するためにも、安倍政権に対する対抗軸をはっきりと打ち出さなければならない。

 行き過ぎた自己責任を求める社会から、配分を重視してみんなが暮らしていけるようにする。そして、個人の内面は自由である……といった方向性を共有し、対抗軸として打ち立てれば、有権者に対して「自民を選ぶか、こちらを選ぶか」という選択を迫ることができます。

ーー共闘しながら、政権に対するアンチではなくて、政権とは異なった軸を打ち立てていく、と。しかし、これまで4年にわたって野党共闘が模索されてきましたが、いまだ実現していません。いったいどこに原因があるのでしょうか?

中島 それは、政治がわかっていないからだと思います。

ーー「政治がわかっていない」とは?

中島 そもそも、世の中は、簡単にはわかり合えない他者と一緒に社会を作っていかなければならないものです。この社会には、信じる宗教が異なった人もいるし、アニメ好きな人もいればスポーツ好きな人もいる。そのような多様性によって成り立っています。しかし、これを一枚岩にしようとすると、戦前の「一君万民」やファシズムのような状況が生まれてしまう。

 価値観を一枚岩にしようとするのではなく、わかり合えない人々が社会をやっていくためにルールや制度を調整し、それぞれの人が幸福を追求できる環境を整える。それが政治なんです。しかし、与野党とも、まるで子供のように自分の意見を押し付けるだけ。それは政治ではありません。

ーー全員が「ほどほどに幸せである状態」ではなく、理想を押し付けるだけになっている、と。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング