「一般人」木下優樹菜が早くも芸能界復帰? 有力視される意外な再出発の場とは⁉

日刊サイゾー / 2020年7月17日 22時0分

写真

 一度、スポットライトを浴びた人間は、そう簡単に「一般人」にはなれないようだ。

 2018年1月に音楽活動からの引退を表明した小室哲哉氏が、7月24日に発売される乃木坂46の新曲『Route 246』の作曲・編曲を手がけ、音楽業復帰を果たすことがわかった。

「小室氏の引退は『週刊文春』(文藝春秋・18年1月18日発売号)で看護師A子さんとの不倫関係を報じられたのが引き金となりました。今回は交友のある乃木坂46のプロデューサー・秋元康氏からのオファーを受けて復帰が実現しましたが、ネット上では『引退は不倫報道から逃げただけ』と、辛らつな声も聞かれます」(芸能記者)

 そんななか、同じく不倫疑惑が浮上したことで、芸能界引退を宣言した木下優樹菜にも、早期の「撤回」が予想されるという。

「7月16日発売の『女性セブン』(小学館)によると、木下は不倫相手だった30代男性ミュージシャンとの結婚を事務所に止められたことに逆上。『じゃあ、やめます。事務所もやめる。もう一般人なんで、結婚させてもらいますから』と啖呵を切ったといいます。木下は、すでに他の事務所への移籍に向けて動き出していて、韓国系の芸能プロが有力視されているとの話も飛び交っている。ローカル番組やYouTuberとして活動を再開し、韓国での活動も視野に入れているという話です」(芸能プロ関係者)

 16日に木下の元夫であるFUJIWARA・藤本敏史が登場したネット番組の配信記念オンラインイベントでは、「ユッキーナ」がNGワード指定されたという。自分も知らなかった木下の下半身が明るみに出たことで、もはや笑いに変換する気力もなくなったのかもしれない。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング