関ジャニ∞村上信五が拒否!? 来年3月終了の『とくダネ!』後番組のMC選びが難航か

日刊サイゾー / 2020年9月2日 22時0分

写真

 来年3月いっぱいでの終了が報じられているフジテレビ系朝の情報番組『とくダネ!』。同番組ではフリーアナウンサーの小倉智昭が長らくMCを務めてきたが、その後番組のMC選びが難航しているという。

「『とくダネ!』の後番組が、ほぼ同じような情報番組になることは間違いなく、当初、フジ内でMCとして名前が挙がったのは、明石家さんまや笑福亭鶴瓶などの大物芸人でした。ただ、高額ギャラが現実的ではないと却下されたんです」(フジ系列の番組制作会社スタッフ)

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、民放のテレビ局は広告収入が激減。フジは先日、『直撃LIVEグッディ!』の9月いっぱいでの打ち切りを発表したが、これも、MCを務めるフリーアナウンサーの安藤優子と俳優の高橋克実の高額ギャラがネックになったためと言われている。

「小倉も同様で、年間に支払われるギャラは1億円とも言われています。そこで、来年3月いっぱいでの“打ち切り”を通告したそうですが、小倉のプライドを考慮して、表向きは“勇退”という形にするようです」(前同)

 そこで、後番組のMCとして急浮上したのが、3年連続で『FNS27時間テレビ』(フジテレビ系)のMCを務めた関ジャニ∞の村上信五だった。

「フジ側は1日80万円のギャラを提示したと言われています。しかし、ジャニーズは、ギャラの問題もさることながら、肝心の村上が“ニュースには関心がない”ということで蹴ったそうです。確かに、バラエティならともかく、情報報道番組のMCは務まらないでしょう」(情報番組制作会社プロデューサー)

 関ジャニ∞といえば、昨年、メンバーの錦戸亮がグループから脱退し、ジャニーズ事務所を退所したため、現在は4人で活動している。だが、そのうちの一人である大倉忠義も退所が噂されているため、グループは存続の危機に立たされている。

「そんな最中に、村上が後番組のMCに起用され、週5日も拘束されるのはスケジュール的にも厳しいということで村上の線は消えました。その後、村上に替わって、『とくダネ!』でコメンテーターを務めているメイプル超合金のカズレーザーの名前が挙がりましたが、“MCとしては小粒過ぎる”として候補から消えました」(前同)

 コロナ自粛で、舞台やライブ、イベントが中止に追い込まれ、干上がっているタレントを抱える芸能プロは、コロナ禍でも固定収入が得られる情報番組に自社タレントを売り込むべく、必死になっているという。そんななか、『とくダネ!』が来年打ち切りになるという情報を聞きつけ、猛暑のなか、関係者がフジに日参しているという。

 23年間という長期に渡って“朝の顔”を務めてきた小倉。その後釜に誰が座るのか、注目したい。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング