ユニットのデビューも絶望的! 滝沢副社長も寵愛していたジャニーズJr.が主演舞台を捨ててまでハマった闇スロの実態 

日刊サイゾー / 2020年10月3日 21時0分

 ジャニーズJr.内のユニット・宇宙Sixの山本亮太が、重大な契約違反行為が発覚したとして、ジャニーズ事務所との専属契約を解除されたことが2日、同事務所の公式サイトで発表された。

 山本は2日に掲載されたニュースサイト「文春オンライン」(文藝春秋)にて、無許可営業の「闇スロット店」に出入りして賭博行為を行なっていたことが報じられたが、ジャニーズは間髪入れずに重い処分を決定。同サイトでは、「この度、山本につきまして、スロット店で賭博行為に及んでいたという重大な契約違反行為が確認されたため、弊社は、昨日をもちまして山本との専属契約を解除いたしました」と報告している。

 契約解除を受け、山本が主演を務めていた都内で上演中の舞台公演を中止することが同日、主催者の公式サイトで発表された。

「賭博で主演がクビになって舞台が中止になるとは、前代未聞の事態。無論、同ユニットはまずCDデビューは難しいが、このところ、積極的に舞台公演をこなし、滝沢秀明副社長も期待を寄せていた。にもかかわらず、今回の山本による背信行為。ほかのメンバーは大きなショックを受けているはず」(芸能記者)

「文春オンライン」によると、山本は合法のパチンコ店でスロットに興じつつ先月、複数回にわたって闇スロに足を運んだ。おそらく“軍資金”がなくなったであろうことから、外で大金を下ろして再入店する姿もキャッチされている。そんな彼が主演舞台を捨ててまでハマってしまった闇スロの実態とはいかなるものだろうか?

「都内の繁華街の雑居ビルにあることが多い、警察のガサ入れ対策で入り口は二重扉で監視カメラがある。基本、一見さんはお断りで紹介か客引きの手引で入店可能。負けた客が暴れる危険を防止するため基本、飲酒は禁止の店が多い。精算は現金のみ。営業時間は大体、昼の勤めの人と逆の9時~5時」(闇スロを取材したことがあるジャーナリスト)

 そして、山本のようにハマる人間が多い理由は、パチンコ店ではあり得ない高レートだという。

「パチンコ店では一番高い等価でもコイン1枚20円だが、闇スロでそんなレートはない。最低でも25円で、100円オーバーは当たり前。当然、ハイリスクハイリターンだが、一度買ったら病みつきになる客が多い」(同前)

 山本はギャンブルによって、芸能活動に終止符を打つことになってしまったわけだが……。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング